イートイート (eateat)の評判と口コミ!原材料と成分から分かる分析結果

イートイート (eateat)

可愛らしいパッケージが印象的で専門店を中心に取り扱いの多いブランドです。国産原料に厳選し、美味しいおかずとして重宝されています。アレンジすることを前提に作られたイートイート (eateat)を愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考に。

商品名イートイート (eateat) チキンミール 160g / おかず缶詰
商品評価Bランク
購入価格289円(税込)/100g
※価格はAmazon参照
100gあたり95kcal
原産国日本
原材料国産鶏肉
グレインフリー×
人工添加物
ヒューマングレード×

イートイート (eateat)の特徴

離乳期、仔犬期など食欲が不安定になりがちな時に主食のトッピングにとメーカーがおすすめする製品です。小型犬、シニアでも食べやすいように素材が刻まれています。
原材料はすべて国内のものを厳選し使用し、犬の健康をなにより重視しています。もちろん合成保存料、着色料は一切配合されていません。
単品では犬が一日に必要とする栄養素を賄う事が出来ないので、主食となるドッグフードや手作りご飯にトッピングをして与えましょう。

イートイート (eateat)の成分と原材料

イートイート (eateat) チキンミール 160g / おかず缶詰の原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

国産鶏肉テール、国産鶏肉レバー、おから、小麦粉
イートイート (eateat) チキンミール 160g / おかず缶詰の成分
タンパク質8.2%以上脂質4.6%以上
粗繊維0.5%以下灰分
水分75.4%以下カロリー95kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)無し
危険成分(化学合成物質)無し
好ましくない原料小麦粉
その他無し

原材料は国産鶏肉テール、国産鶏肉レバー、おから、小麦粉ととてもシンプルです。テールとは鶏のしっぽの部分で人間用食品ではぼんじりと呼ばれる部位です。
素材のつなぎにおからと小麦を使用しています。一般的なウエットフードに配合される増粘剤の配合がされておらず安全性の高い製品と言えます。
原材料の素材からも見てわかるように消化器官の未発達な子犬、加齢と共に機能が低下した老犬にも安心して与えることが出来ます。
着色料、保存料の配合はありません。

イートイート (eateat)の口コミと評判

食にこだわりのある小型犬達に大変好評なウエットフードです。シンプルで安全な原材料だけを用いているので、安心して与えることが出来ます。
この製品はあくまでも「おかず」なのでいろいろなご飯に混ぜることで、ドライフードの食べ飽き対策にも効果的です。

イートイート (eateat)の口コミ・評判まとめ

バリエーションが豊富で犬の好みに合わせて毎日でもおかずを変えアレンジできると好評です。
ドライフードだけではなかなか食が進まない、ウエットフードは添加物が心配という方でも安心して与えることが出来るでしょう。
また中には離乳食、流動食として与える方も多く、良質な素材を大いに活用しましょう。

あくまでもトッピング用ウエットフード

動物性たんぱく質をメインにシンプルな原材料だけで作られている製品です。
原材料表示もとても明確で、アレルギーのために食材管理をしたいという方でも安心して選ぶことが出来るでしょう。
ただこの製品はあくまでも栄養補助食品です。この製品単品では主食として十分な栄養を摂取出来ないので、ドライフードや手作りご飯と組み合わせ与えましょう。

離乳食や流動食用食材として好評

内臓や胃腸に不調を抱えている場合、食事に含まれる脂肪分や添加物が原因で消化不良を起こすことも多々あります。
このような場合は、この製品をすりつぶしペースト状にしたり、スープ状にすることで安心して日々の食事を与えることが出来るでしょう。
余計な成分が一切配合されていない上に、素材本来の風味がしっかりと漂うので体調不良時の食欲減退対策にも効果的です。

オリジナルレシピが話題

近年注目を集めている手作りご飯は、食材の調達が大変、いつも同じ動物性たんぱく質に偏ってしまうというお悩みがあります。
そのようなお悩みの解決にこの製品は大いに活用されています。
缶詰なので長期保存が可能な上に、バリエーションが豊富で、添加物も一切配合されていません。
犬の食事に最も豊富に必要となる動物性たんぱく質をこの製品で摂取することが出来れば、日々の調理も各段にスムーズに成でしょう。
ネット上には様々なアレンジレシピが紹介され、完成度の高さが話題を呼んでいます。

まとめ

イートイート (eateat)はおかずという立場に特化してウエットフードです。安全、安心な製品なのでドライフードや手作りご飯のトッピングに多いに活用できます。また離乳食、流動食としても活用出来るので処方食からの切り替えにも最適です。