ドッグフードの粒の大きさは小粒?中粒?大粒?どっちが良い?粒の形状と選び方

ドッグフードを選ぶときに悩んでしまうのが、粒の形状やサイズですよね。

小型犬だから小粒にすればいいのかもしれませんが、小粒にすると丸飲みしてしまいそうで不安という飼い主さんや、しっかり噛んで顎を鍛えて欲しいと思っている飼い主さんもいるはずです。

かといって大粒にすると食べにくそうですし、どのサイズがベストなのか判断できる方法があれば知りたいですよね。

ここではそんなドッグフードを粒のサイズや形状から選ぶ方法について分かりやすくご紹介します。

ドッグフードの粒の大きさの種類

ドッグフード 粒
ドッグフードの粒の大きさは、小粒・中粒・大粒の3種類に分けられます。

ドッグフードの粒の大きさ比較

明確な線引きはありませんが、一般的には下記のような分類になっています。

ドッグフードの粒の大きさ比較

  • 小粒:8mm以下
  • 中粒:9〜1.2mm
  • 大粒:13mm以上

単純に考えると、口の小さな小型犬には小粒、口の大きな大型犬には大粒を与えるのが最適に思えますが、必ずしもそういうわけでもありません。

大粒でも簡単に砕けるものであれば小型犬でも問題なく食べられますし、大型犬にしてみれば8mmも13mmもそれほど違いはないのです。

なのでまずは、このような3種類があるということだけ覚えておきましょう。

粒の大きさを意識したドッグフードの選び方

ドッグフードの形状とサイズについて理解したうえで、どのような選び方をすればいいのかについて見ていきます。

愛犬に最適なドッグフードを選ぶ際は、まず愛犬がどのようにしてドッグフードを食べているのかを確認してみてください。

口に含んだ後にほとんど噛むこともなく飲み込んでしまうのか、それともガリガリ噛んでから飲み込んでいるのかをチェックしてみましょう。

愛犬の食べ方別でおすすめの粒のサイズを紹介します。

ドッグフードを飲み込む場合には小粒

ドッグフード 小粒

犬の歯を見てもらえば分かると思いますが、人間のように臼歯が発達していませんので、犬は口の中で噛み砕いてから飲み込むというようなことをしません。

さらに、犬はそもそも肉食だったということもあり、食べたものをそのまま丸飲みするのが普通です。

「うちのワンちゃんはしっかり噛んで食べるよ」と言う飼い主さんもいるかと思いますが、それは噛む感触が好きなだけで必要があって行っているわけではありません。

しっかり噛んでもらいたいというのは、人間の感覚でしかなく愛犬には不要な考え方です。

噛むようにして欲しいと思って粒を大きくしても、最初は噛んでくれますが、すぐにまた飲み込むようになってしまいます。

そう考えると、飲み込むタイプの愛犬にはドッグフードは最初から小粒であるほうがノドに詰まりにくくおすすめです。

噛み砕くのが好きな場合には大きめの粒

ドッグフードを与えたときに、しっかりと噛む愛犬の場合には、小粒よりもやや大きめのドッグフードがおすすめです。

小型犬なら中粒、中型犬なら大粒といったように、標準サイズよりも大きめかつ噛み砕きやすいドッグフードを選んであげましょう。

ただし、若いうちはしっかり噛んでいた愛犬でも、老犬になってしまうと思うように噛めなくなることがあります。

このような食べ方の変化もしっかりとチェックしておきます。

大きめの粒を丸飲みするようでしたら、消化しやすい小粒タイプに切り替えるなど、臨機応変に形状やサイズを変えていきましょう。

子犬や老犬(シニア犬)は基本小粒

まだドッグフードに慣れていない子犬や、噛む力が弱くなってきたり、食欲が低下しているシニア犬にはどんなサイズの粒がいいのか迷ってしまうところです。

子犬やシニア犬に共通しているのは、「噛む力が弱く、消化しづらい体」という点なので、食べ方がわからないといった場合は小粒を選んであげるようにしましょう。

ドッグフード大学編集部
愛犬の食べ方をしっかりとチェックして、単純に小型犬だから小粒、大型犬だから大粒という考え方で選ばにように注意してください。

粒の大きさ別おすすめドッグフード

粒の大きさだけでなく、品質の良いドッグフードを紹介します。

愛犬の食べ方を見てドッグフードの切り替えを検討している方は参考にしてみてください。

小粒で消化に良いドッグフード

子犬やシニア犬、丸呑みする愛犬におすすめの高品質小粒ドッグフードです。

このこのごはん

このこのごはんパッケージ
このこのごはんは7〜8mmと小粒のいびつな形をしていますが、形が不揃いな理由は擬固剤といった添加物を使用していないためです。

九州産の鶏肉を主原料と、北海道産の鹿肉・静岡県産のマグロといった国産の原材料を使用した、高タンパク・低脂質・低カロリーとなっています。

さらに、青パパイヤ・さつまいも・乳酸菌の成分が小型犬に多い「におい・毛並み・涙やけ」といった症状の悩みをサポートしてくれます。

このこのごはんを今すぐチェック

このこのごはんドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

このこのごはんこのこのごはんの口コミと評判!与えてみてわかったメリット・デメリット

FINEPET’S

ファインペッツ

FINEPET’Sは、アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、鮭肉をベースとしたドッグフード。

オーストラリアの原材料を使用しオランダの管理体制の厳しい環境で製造されています。

ドッグフードの種類は1種類のみですが、小粒5mmか大粒12mmを選ぶことができます。

オールステージ対応していますが、カロリーが高めなので運動量が活発な犬にとくにおすすめのドッグフードです。

FINEPET’Sを今すぐチェック

FINEPET’Sドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

ファインペッツ 口コミファインペッツドッグフードの評判と口コミ!与えて分かったメリットとデメリット

UMAKA

うまかのパッケージ
1.5kg4,980円(税別)と高値ですが、老舗料亭でなどでも使用されている九州産華味鳥や国産原材料を贅沢に使ったドッグフードです。

ドッグフードリサーチで周りに勧めたい部門で1位を獲得するなどメディアなどでも話題になりました。


粒は不揃いな楕円形で10mm程度となっています。開けた瞬間にカツオの香りが愛犬の食欲をそそります。

UMAKAを今すぐチェック

UMAKAドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

美味華-UMAKAUMAKA(うまか)ドッグフードの評判と口コミや美味華のメリット・デメリット

ロータス

ロータスドッグフード
ロータスドッグフードは基本小粒8mmのみの取り扱いですが、種類によっては中粒12mmも選べます。

ロータスアダルトチキンは、新鮮なチキン正肉を主原料としていますが、オメガ脂肪酸を含む白身魚も入っているため、毛艶を維持するのにも効果的です。

人気のサイズ中粒ドッグフード

モグワン

モグワンのパッケージ
ヒューマングレードの高品質ドッグフードとして、今も人気の高いモグワンは、ドーナツ状の9〜10mmの中粒のドッグフードです。

無添加でグレインフリーのシンプルな原材料なので、トッピングとも合わせやすく、チキンとサーモンを50%以上含有させているので、その香りの食いつきいいと評判です。

ペット先進国であるイギリスからの輸入販売なので、食べやすさだけでなく品質の安全安心度は絶大です。

モグワンを今すぐチェック

モグワンドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

モグワンドッグフードモグワンドッグフードの悪評口コミと評判!実際に愛犬に与えてみた私なりの評価

ネルソンズ

ネルソンズのパッケージ
ネルソンズは、モグワンと同じイギリス産の中型犬・大型犬向けのドッグフードです。


粒形状は三角で大きさも10mmと大きめなので、中型犬や大型犬はもちろん小型犬でも噛み砕いて食べる子におすすめです。

原材料は50%以上がお肉で、消化が苦手な穀物は一切しようしていないグレインフリーです。

腸内環境を整えてくれるオリゴ糖やビタミンも豊富に入っています。

ネルソンズを今すぐチェック

ネルソンズドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

ネルソンズのパッケージネルソンズドッグフードの口コミの評価と口コミ!分析結果からわかるメリット・デメリット

砕けやすい大粒のドッグフード

レガリエ

レガリエのパッケージ
レガリエの粒の形状は長方形でサイズが15mm〜20mmと大きめでばらつきがありますが、ポキポキと折れやすいので、よく噛んで食べる愛犬の良い刺激となります。

栄養面でも室内飼いで10kg以下の小型犬にターゲットを絞り、獣医師と共同開発されているので健康サポートには十分すぎるぐらいの栄養バランスとなっています。

厳選したヒューマングレード素材本来の栄養素と美味しさ、風味を損ねないように低温加熱製法を取り入れているところからもこだわりを感じます。

レガリエを今すぐチェック

レガリエドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

レガリエドッグフードレガリエドッグフードの評判と口コミ!愛犬に与えてみてわかったメリット・デメリット

オリジン

オリジン
オリジンドッグフードは「犬は肉食のため穀物の摂取は一切不要」であるということから、鶏肉を主原料とし原材料の肉含有率が85〜90%とドッグフードの中でも高タンパクな成分となっています。

またグレインフリーというだけでなく、血糖値を急上昇・急下降させる高GI値の食材であるじゃがいもなどの使用を避け、血糖値が穏やかな野菜を使用しています。

さらに栄養を逃さない低温調理で美味しさと栄養を最大限に引き出すことで食いつきをよくするという添加物を一切使用していないのも魅力です。

「オリジン オリジナル」の粒のサイズは1.5mmと平丸形の大粒となっています。

オリジンを今すぐチェック

オリジンドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

オリジン ドッグフードオリジンドッグフードの評判と口コミ!分析結果からわかるメリット・デメリット

ドッグフードの形状

ドッグフード 形状違い

サイズだけでなく形状も違う

粒の大きさだけで最適なドッグフードを判断することはできません。

理由はドッグフードによって形状が異なるためです。

丸い粒になっているものもあれば、ドーナツ状に穴が空いているもの、なぜか骨の形をしたものまであります。

ドーナツ形状ドッグフードのメリット

ドーナツ形状のドッグフード
一般的なドッグフードは丸い粒になっていますが、最近はプレミアムドッグフードを中心に、ドーナツ状で真ん中に穴が空いているものが増えてきました。

そのメリットについて紹介します。

メリット
  • 表面積が広いためふやかしやすい
  • 穴が空いているので簡単に砕ける
  • ノドに詰まりにくくなる

表面積が広いためふやかしやすい

子犬や老犬に与えるときには、そのままではなくふやかして与えることが多いかと思いますが、丸い粒の場合は中心部まで水分が届かずに、硬いまま残ってしまうことがあります。

ところがドーナツ型であれば表面積が広いため短時間でしっかりとふやかすことができます。

穴が空いているので簡単に砕ける

成犬に与えるときも、軽く噛んだだけで砕けますので、その砕く感覚を楽しんでもらうことができます。

簡単に砕けますので、子犬時にふやかしたドッグフードからの移行もスムーズに行えるという利点があります。

ノドに詰まりにくくなる

この他にも円筒状のドッグフードは、ノドに詰まりにくくなるという利点があります。

このため、シニア犬や早食いしがちな愛犬に適しています。

意味のない形状のドッグフード

ドッグフード 意味のない形状
ドーナツ形状のようなドッグフードにはしっかりとした意味があるのですが、まったく意味のない形状もあります。

例えばその代表的なものが骨の形をしたドッグフードで、飼い主さんへの視覚効果くらいで、肝心の愛犬には何の意味もありません。

犬は骨の形をしているからといって食欲が増すわけではありませんし、むしろ歪な形状ですので飲み込んだときにノドに詰まらせてしまう可能性もあります。

しっかりと噛んで食べる愛犬であれば問題ありませんが、子犬や老犬のように噛む力が弱い愛犬には、丸粒やドーナツ型のようなシンプルな形状のドッグフードを与えるようにしましょう。

ドッグフードの粒大きさを変える時の注意点

ドッグフード 容器
愛犬の食べ方が、「食べ終わるのが早くて、しっかりと噛んでいるのか心配」「丸呑みをやめさせたい」と粒のサイズを変えようか検討する飼い主さんもいらっしゃると思います。

ですが、その考え方は少し待ったほうがいいかもしれません。

今愛犬に与えているドッグフードの粒の大きさが合っているかどうか、次のことを試してみてください。

丸飲みを止めさせたい場合は食器を変える

早食いや丸飲みを止めさせるために、あえて大きな粒のドッグフードを与えようとする飼い主さんもいますが、これは逆効果になってしまう可能性があります。

すでにご紹介しましたように、大きな粒に切り替えてもいずれまたそのまま飲み込むようになってしまいます。

先程もお伝えしたしましたが、これは良い悪いというものではなく、犬はそもそも咀嚼をしない動物ですので当然の行為です。

このため基本的には気にする必要もないのですが、あまりに度が過ぎると本当に大丈夫なのか不安になってしまいますよね。

そういう場合は、粒を大きくするのではなく、丸飲みや早食いできないように工夫された食器に切り替えましょう。

ペットショップやネットショップなどで売られていますので、それらを使ってゆっくりと食べるように習慣づけてあげましょう。

ウンチを見て消化不良を起こしていないか確認する

最適なサイズのドッグフードであるかどうかは、ウンチを見て判断することもできます。

例えば、もし粒のままウンチに残っているようでしたら、そのサイズは大きすぎて上手く消化できていないことが考えられます。

この場合は粒を砕いて小さくするか、小粒のドッグフードに切り替えてあげましょう。

老犬の場合にはふやかしてあげるという方法もあります。

また、食後に嘔吐を繰り返すようですと、ノドに詰まらせている可能性があります。

この場合も同じく粒のサイズが合っていませんので、噛み砕きやすいドッグフードか詰まりにくい小粒のドッグフードに変えるようにしてください。

ドッグフード大学編集部
以上のことを実践・確認し、変化が見られないようならドッグフードの変更も検討してみましょう。

ドッグフード選びは粒の形状よりも品質を重視しよう

ドッグフードのサイズや形状は、愛犬の食べ方に合わせてチョイスするとご紹介しましたが、ドッグフードを選ぶときにはもっと重要なことがあります。

それは品質です。

愛犬にぴったりなドッグフードを選ぶときには、形状や粒のサイズではなく品質を優先的に重視してください。

形状やサイズばかり意識してしまうと、安全性が低く添加物もいっぱいのドッグフードを選んでしまうことがよくあります。

ドッグフードなんてどれでも同じだと思っている飼い主さんも多いようですが、ドッグフードはそれぞれに安全性も品質も違います。

ドッグフードを選ぶときはまず考えてもらいたいのは、形状ではなく原材料の内容です。

いくら小粒で消化に良さそうなドッグフードを選んでも、犬が消化しにくい穀物を多く使っていたのでは消化に悪く意味がありません。

また、添加物がいっぱい含まれていると皮膚や被毛のトラブルが発生することもあります。

価格は高くなりますが、プレミアムドッグフードのように、確実に安全であると判断できるドッグフードをいくつか選び、その中から愛犬に合った形状とサイズのドッグフードを選ぶとようにしてください。

プレミアムドッグフードなら、最も良質なたんぱく質を使って作られているので、消化不良を起こすこともなく、粒のサイズや形状の違いなどはそれほど重要なポイントではなくなります。

一番は愛犬が気に入って食べてくれることと、飲み込んでノドに詰まらせないことだけを意識して選ぶことです。

フードを食べない場合はこちらを参考にどうぞ
犬 ドッグフード 食べない犬がドッグフード(餌)を食べない原因はわがまま?ストレス?病気?