【辛口比較】全部調べて分かった本当におすすめドッグフードのすべて

「本当に安全で栄養のあるドッグフードを愛犬にあげたい」

「無添加なのにコスパがいいドッグフードが知りたい」

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

現在、国内で販売されているドッグフードは100種類以上もあり、その中には犬に与えてはいけないようなものも含まれています。

しかし、高品質なドッグフード選びというのは種類が多いからこそ難しく、CMでやっていたから安いからといって成分をろくに見ずに選んでしまいがちです。

そこで今回は、100種類以上比較してわかった本当におすすめできるドッグフードを一挙に紹介していきます。

あなたの愛犬に必要なドッグフードをぜひ見つけてみてください。

ドッグフードの評価基準

質(成分や原材料)、安全性、嗜好性(犬の食いつき)、価格などを見て、ドッグフードを30点満点し、「Sランク」「Aランク」「Bランク」「Cランク」に振り分けました。

【Sランク】獣医師から見ても問題がなく特におすすめできる

ここに該当するドッグフードであれば安全性・栄養面において間違いないので、一番おすすめできるドッグフードのグループといえるでしょう。

気になる点があるとすれば、安全で栄養満点であるからこそ価格は決して安くはないということです。

しかし、これは人間にも同様にいえることで、高品質なものを手に入れるなら相応の価値がします。

品質のいいドッグフードを与えたいのであれば、10gあたりだいたい20〜30円前後かかるものが価格の目安と言えるでしょう。

その中で、愛犬の食いつき・運動量・必要な栄養素を考えてぴったりのドッグフードを選ぶようにしてください。

【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないフード

ここに該当するドッグフードも品質が高くおすすめできるものといえます。

全く添加物が入っていないというわけではありませんが、犬にとって必須ではなくとも健康上問題のない成分が入っているドッグフードが含まれるグループです。

徹底的に安全面・栄養面を気にするということでなければ、このグループのドッグフードも視野に入れておいていいでしょう。

【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード

犬にとって悪影響を与える可能性のある添加物・物質を含有させているドッグフードがこのグループになります。

正直なところ、このグループのドッグフードはおすすめできません。

一見、価格帯が手頃なので目を奪われがちですが、安い原料や長期保存ができるような添加物が含まれているので、安全性・栄養面をメインにしたドッグフード選びをするのであれば除外するようにしましょう。

【Cランク】絶対与えるべきではない

このグループに使われている原材料は粗悪なものばかりで添加物も多量に含まれているため、絶対に与えてはいけないドッグフードばかりです。

ドッグフードには人間の食べ物のような明確で厳しい規定がないため、与え続けると悪影響のあるものも平気で販売されてしまっています。

大量に作られて長期保存ができるので価格帯も異常に低いですが、ゴミ同然の餌を愛犬に与えていると考えていいでしょう。

ドッグフード辛口評価のチェック項目

当サイトでおすすめのドッグフードを紹介していく前に、どのような評価基準によってグループを決めたのかを解説していきます。

メインとなるチェック項目は以下の4つです。

1質(成分や原材料)

有害な添加物・物質が含まれていないか、原材料や栄養素は厳選されているか。また、原材料の一番最初の主原料(第一原料)と呼ばれるものに不透明な物が入っていないかもチェックしています。

2嗜好性(食いつき)

ドッグフードを選ぶ際に。食いつきが、良いかどうかはとても大事なポイントですよね。

しかし、この食いつきの良いフードでも添加物やオイルコーティングで食いつきを上げている場合は注意が必要です。今のドッグフードを触ってみて、何かベタベタしたさわり心地や、独特のニオイを出していませんか?

また、原材料の部分に動物性油脂と書かれていませんか?

オイルコーティングは、人工的な香料で風味を付けたオイルでコーティングすることで食いつきをアップさせる効果があります。しかし、一方でこのオイルコーティングのせいで、涙やけや皮層トラブル、アレルギーなどのリスクを高めてしまうことがあります。

また、オイルコーティングを使用しているフードは、原材料が粗悪な物であることが多いのです。そのままの原材料で製造した物は全く食べてくれないから、オイルコーティングをして食べるようにしているのです。ですから、ただ食いつきが,良いからとフードを選ぶと、病気のリスクが高くなってしまいます。

3価格帯(100gあたりの価格)

100gあたりの価格を算出。経済的に愛犬に与えられる金額どうか。ただし、安すぎるドッグフードの場合、粗悪な原材料を使っている場合があるので、質(成分や原材料)と価格は強く結びついているともいえます。

4プラスとなる評価

安全性においては無添加でヒューマングレードの素材を使用しているのかという点は高評価対象としています。

ドッグフード大学編集部
ヒューマングレードというのは簡単にいってしまうと「人間が口にすることができる品質」という意味です。
人間が食べられるぐらいの安全性という証拠なので、目安として覚えておくと高品質なドッグフードを選ぶ際に絞りやすくなります。

では以上の評価を基に、本当におすすめできるドッグフードをランキングにして紹介していきましょう。

当サイトおすすめのドッグフード

おすすめドッグフード
日本で販売されているドッグフードをAmazon楽天、公式サイトから購入して徹底比較した結果のドッグフードランキング2020です。

このこのごはん

このこのごはん
このこのごはんは小型犬が食べやすい7〜8mmの小粒サイズで、「におい・毛並み・涙やけ」といった悩みをサポートするべく、安全で栄養価の高いヒューマングレードなドッグフードとなっています。

メインとなるお肉は九州産の鶏肉ですが、北海道産の鹿肉・静岡県産のマグロも含まれており、高タンパク・低脂質・低カロリーと申し分のない原材料です。

添加物は合成ミネラル・合成ビタミンのみ、小麦が含まれないグルテンフリーとなっているため、愛犬のアレルギーに関しても安心できるでしょう。

また、お肉や添加物以外にも青パパイヤ・さつまいも・乳酸菌など、犬にとって必須の栄養素をこれでもかというほどに詰め込んでいるので、お水とこのこのごはんがあれば他に餌を与える必要がありません。

このこのごはんの袋を開けるとかつおぶしの香りがいっぱいに広がるのは、ノンオイルコーティングで仕上げている証拠です。

このかつおぶしの香りは犬にとっても食欲をそそるので、口コミでも愛犬の食いつきがよく毛並みや涙やけが改善されたという意見も多く見かけます。

価格は1kgで3,500円なので10gあたり約35円とドッグフードにしては少し高めの価格帯ですが、品質から考えるとコスパはかなりいいでしょう。

愛犬に与えるのは国産かつ安全な栄養豊富のドッグフードと決めているのであれば、このこのごはんがおすすめです。

ブッチ

ぶっちドッグフード
本来のお肉に限りなく近づけた水分70%含有のウェットフードがブッチです。

ニュージーランド産のチキンをベースとしており、犬が肉食に近い雑食性ということから、ブッチのような生肉の香り・食感はたまらないものなのでしょう。

食いつきもよくペロリと食べてくれるといった口コミを多く見かけました。

ブッチにはブラック・ホワイト・ブルーの3種類があり、それぞれで特徴が違うので簡単に説明をしていきましょう。

ブラックレーベルビーフ・チキン・ラムをメインに肉含有率80%のフード。
ブッチの中で一番人気はこのブラックレーベルです。
ホワイトレーベルチキンが80%と新鮮な野菜や海草で構成された、赤身肉が苦手な犬におすすめできる高タンパクフード。
ブルーレーベルチキンに加えて魚(ムロアジ)も配合されているため、DHAやEPAが気になる年齢高めの愛犬にオススメのフード。

3種類どれも無添加で、検疫体制・環境規制が世界一厳しいとされているニュージーランドで作られているため、ヒューマングレード品質で安全性も信頼できます。

価格は3種類全て800gで1,430円なので10gあたり約17円です。

トライアルセットでお得に購入することもできるので、愛犬が生肉をよく食べるあるいはドライフードだと食いつきが悪いのであればブッチを検討してみてもいいでしょう。

レガリエ

獣医師と共同開発されたレガリエは、室内飼いで10kg以下の小型犬にターゲットを合わせて作られたヒューマングレードのドッグフードです。

原材料は全ての産地を公開しており、鶏肉・牛肉・旬の魚をメインに乳酸菌やオリゴ糖といった愛犬の健康サポートには十分すぎるぐらいの栄養バランスと言えるでしょう。

素材本来の栄養素と美味しさ、風味を損ねないように低温加熱製法を取り入れているところからもこだわりを感じます。

原材料も厳選したものを使用しているからこそ無添加でグレインフリーを徹底し、安心安全なドッグフードを愛犬に与えることができる、これがレガリエの最大の魅力です。

価格は1.7kg(850g×2)で5,480円なので、10gあたり約32円になります。

モグワン

モグワンドッグフード
チキンとサーモンを50%以上含有させた肉・魚・野菜どれをとってもヒューマングレードの高品質なドッグフードがモグワンです。

無添加でグレインフリーのシンプルな原材料で、トッピングとも合わせやすいというメリットも公式サイトで紹介されています。

香りもオイルコーティングをしていないため、チキンとサーモンの香りが愛犬の食欲をそそり、口コミからもドライフードとは思えない食いつきという意見がありました。

モグワンは1.8kgで3,960円なので、10gあたり約19円と品質に見合わないリーズナブルな価格帯で提供しています。

安全・栄養に加えてコスパも重視したいという飼い主さんにとっておすすめできるドッグフードといえそうですね。

ファインペッツ極

ファインペッツ極
ファインペッツ極は消化吸収率87%と肉類配合率90%という驚異の高さを誇るのが特徴のドッグフードです。

アレルギーになりにくいようアヒル肉とニシンを使用しているため、チキンや牛肉をアレルゲンに持っている犬でも安心して与えることができます。

無添加で低温加熱製法を採用しているため、素材本来の香りが愛犬の食欲をそそることでしょう。

ただし注意点があり、ファインペッツ極はカロリーが高いということです。

100gで422kcalもあるので、給餌量に関しては注意しておかなくてはいけません。

オールステージ対応していますが、運動量が活発な犬におすすめできるドッグフードといえるでしょう。

1.5kgで5,278円なので、10gあたり約35円となっています。

アランズナチュラルドッグフード

ヒューマングレードの厳選素材を使用し、アレルギーの少ないラム肉をメインにしているのがアランズナチュラルドッグフードです。

シンプルに作られているドッグフードの方が犬にとって理想的な栄養バランスになるということを体現しているかのように、含まれている原材料はこのようになっています。

ラム40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、ベジタブル・ハーブミックス、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母

上記から見てわかるように無添加+グレインフリーとなっているので、シンプルにこだわった安全性の高いドッグフードということがわかるはずです。

少しハーブのような香りがしますが、犬にとっては関係なく食べてくれる口コミがみうけられました。

2kgで3,960円なので10gあたり約19円と、コスパは非常に優秀です。

余計なものは与えず経済的にも嬉しいドッグフードを探している方にはアランズナチュラルドッグフードがぴったりでしょう。

UMAKA

umaka
トリゼンフーズの自社銘柄鶏である「九州産華味鳥」を贅沢に使用したヒューマングレードを越えた品質を謳うドッグフードがUMAKA(美味華)です。

UMAKAはメインの華味鳥以外にも厳選された高品質素材を使用し、無添加・グルテンフリー・ノンオイルコーティングで愛犬の健康をサポートしてくれます。

出汁のような香りが愛犬の食欲をそそるため、給餌の切り替えも楽だったという口コミも見受けられました。

1.5kg4,980円なので、10gあたり約33円です。

価格は気にしないからとにかく安全で栄養のあるドッグフードが欲しいということであればUMAKAを検討するといいでしょう。

オリジン

オリジン
肉類が85%も含有されている高タンパクなドッグフードがオリジンです。

チキンやターキーをはじめ様々な肉・魚類を取り入れているので、カロリーも394kclaと若干高めになっています。

しかし、犬はもともと肉食だったことを考えると、オリジンのようなドッグフードこそ愛犬に合っているのかもしれません。

ヒューマングレード品質でお肉の香りが強いので、口コミを調べてみると食いつきも好評です。

2kgで6,000円なので10gあたり約30円となっています。

オリジンはファインペッツ同様に運動量が多い愛犬を飼っている方におすすめしたいドッグフードです。
ドッグパートナーによるとオリジンは世界で支持されているドッグフード第2位です。

アカナ

アカナ
カナダ産であるアカナは原産の食材を使ったヒューマングレード品質のドッグフードとなっています。

含有されていることがおすすめできないミール系の原材料もヒューマングレードの品質ということなので信頼できるものと判断しました。

約75%の肉が含まれており、その半数が生肉あるいは新鮮な肉を使用しているため、非常に栄養価が期待できるドッグフードです。

食いつきに関しては好みが分かれるようで、よく食べてくれる・全然食べてくれないといった口コミが6:4ぐらいに感じられました。

2kgで5,000円なので、10gあたり約25円です。

国産ということにこだわりがなければアカナはおすすめできるドッグフードといえますね。

ちなみにドッグパートナーによるとアカナはカナダで支持されているドッグフード第3位です。

ロータス

ロータスドッグフード
ロータスの中でもグレインフリーフィッシュレシピは無添加で安全性の高いドッグフードです。

イワシ・タラといった魚をメインにしており、そのほかにも野菜や果物もバランスよく配合されているので、栄養面においても信頼ができます。

シーフードのような香りなので、お魚好きな愛犬であれば食いつきは問題ないでしょう。

800gで2,800円なので10gあたり約35円となっています。

チキンなどの肉類でアレルギーを持っている、愛犬が魚類系のドッグフードが好きということであればロータスがおすすめです。

それ以外のSランクドッグフード

フード名原材料添加物
カナガン
ZEN
ナチュロル
アカナ

【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないドッグフード

栄養や添加物に関して愛犬に悪影響を与える可能性が限りなく低い成分が含まれているドッグフードを紹介していきます。

ランキングにあるドッグフードの中から選ぶのもおすすめではありますが、以下に紹介するものも高品質であることには変わりないので、愛犬の好みによって検討してみるといいでしょう。

馬肉自然づくり

ドッグフードの中ではめずらしく新鮮な馬肉をメインにして作られたのが馬肉自然づくりです。

ヒューマングレードの素材を使用した無添加のドッグフードなので、安全面でも信頼して愛犬に与えることができます。

馬肉自然づくりを主として与えるのもいいですが、フードに飽きさせないためのローテーションの1つとして活用するという方もいるようです。

1kgで3,000円なので、10gあたり約30円となっています。

ピッコロ

7歳以上のシニア犬を対象としているものの、使用しているのがヒューマングレード素材で悪影響のある添加物も含まれていない一級品ドッグフードがピッコロです。

これだけ高品質でありながら、1.5kgで3,960円なので10gあたり約26円とコスパにおいても優秀なのがピッコロの魅力といえるでしょう。

食いつきもよく口コミで高評価が多いので、愛犬の年齢に関係なくおすすめしたいドッグフードとなっています。

ネルソンズドッグフード

原材料の50%がお肉というイギリスで大人気のドッグフードがネルソンズです。

粒が大きくて食べ応えがあるため、主に中型犬や大型犬におすすめされています。

穀物を一切配合しないグレインフリーでありながら、無添加なのでアレルギーや安全面においても安心して愛犬に与えることができるでしょう。

食いつきもいいという口コミを多くみかけますが、やはり粒が大きいため小型犬は食べにくそう、あるいは食べてくれないといった意見もありました。

5kgで7,800円となっているので10gあたり約15円です。

中型犬や大型犬は小粒のドッグフードだと丸呑みしてしまうので、しっかりと消化できるのか、あるいは詰まってしまわないか不安になります。

愛犬の消化や詰まりに不安を持っているのであれば、ネルソンズドッグフードを試してみるといいでしょう。

LOTUS

ランキングで紹介したロータスは魚メインでしたが、ここでは鶏肉をメインにしたロータス アダルトチキンレシピをおすすめします。

アダルトチキンレシピもグレインフリーフィッシュレシピ同様にヒューマングレードで無添加なので問題ありませんが、グレインフリーではありません。

とはいっても、アレルギーになりやすいグルテンを含んだ穀類を含有させているわけではないのでさほど不安になる必要はないでしょう。

こちらは1kgで2,700円なので、10gあたり約27円です。

ドッグスタンス

祖先であるオオカミが最も食していたとされる鹿肉をメインにしたドッグフードがドッグスタンスです。

栄養素も失わないように低温加熱調理をしているのも愛犬の健康を考える上で嬉しいこだわりといえるでしょう。

鹿肉をメインにしているため、犬が食欲をそそるような香りに加えて無添加・グルテンフリーと栄養面だけではなく安全面においても信頼できるドッグフードとなっています。

ただし、800gが3,520円なので10gあたり約44円とコスパがいいとは断言できない価格帯です。

アレルギー体質の愛犬やドライフードを飽きさせないためのローテーションの1つとしてドッグスタンスを活用するといいかもしれませんね。

それ以外のAランクドッグフード

フード名原材料添加物
ペットさん定期便
ベニソン-Venison-
自然派わんこの厳選ごはん
Insect Dog
Fam Ties
エッセンシャルドッグフード
CoCo Gourmet
レオ&レア
ドッグフード工房
HAPPY DOG
いぬはぐ
馬肉パラパラミンチ
アイディッシュ
レオ&レア
POCHIザ・ドッグフード
ネイチャーズロジック
プラチナムナチュラル
キアオラ
プラぺ
ドッグスタンス
VISIONS
ピッコロ
HAPPYDOG
ランフリー
ネルソンズ
Dr.ケアワン
デイリースタイル
馬肉自然づくり
メディボール
Yum Yum Yum!
犬心
アーテミス
いぬひかり
ファインペッツ
ニュートロシュプレモ
みらいのドッグフードツ
ヒルズサイエンス
ダイエットプ
ニュートライプ
アボ・ダーム
ピナクル
ピュア・オーガニック
TASHIKA
GOWAN
リアルドッグフード
吉岡油糧
ナウフレッシュ
DELI STYLE
ソルビダ
イノーバエボ
forza10
スーペリア
ハロー
プラチナムナチュラル
ジウィピーク
鶴亀長寿
PERORI
プリモフード
ネイチャーズバラエティ
GO!
ビィナチュラル
カナガン缶詰
和の極み(パウチ)
ヤラー

愛犬の状況や年齢から見た目的別ドッグフード

犬にも個性や好きな食べ物、年齢があるので、目的に合ったドッグフード選びというのも重要です。

  • 散歩が大好きでとにかく動き回る
  • そろそろシニア犬に入るから年齢に合ったドッグフードを選んであげたい
  • 病気持ちの愛犬でも食べやすいドッグフードを探している

といったように、あなたの愛犬に適切なドッグフードを探してあげることで、より健康面でのサポートをすることができるでしょう。

ここでは、愛犬の状況や年齢などによっておすすめできるドッグフードを紹介していきます。

【オリジン】価格は高いがとにかく高品質

値段よりも高品質で安全性に信頼できるドッグフードを探しているということであれば、オリジンを検討してみるのもいいでしょう。

オリジンは10gあたり約30円なので、決してコスパがいいドッグフードではありません。

しかし、85%の原材料が肉類で野菜や果物もバランスよく含まれているため、非常に栄養価は高いです。

また、身体に悪影響を与える添加物も含まれていない無添加でヒューマングレード品質のドッグフードとなっています。

【アーテミス】コスパが良くて安全性にも問題がない

アメリカでコスパがよく安全性に信頼ができるドッグフードとして長年大人気なのがアーテミスのドッグフードです。

フレッシュチキンやフレッシュターキーといったように新鮮な肉を使用しているのも栄養を考えると嬉しい配慮といえます。

3kgで3,743円なので10gあたり約12円と、今回おすすめしたランキング内に入れても飛び抜けたコスパのよさを持っているのがアーテミスです。

【ピッコロ】年齢が気になるシニア犬におすすめ

愛犬が6〜7歳ぐらいになるとシニア用のドッグフードを用意しておく必要があります。

そのときにおすすめなのがランキングでも紹介したシニア犬のために作られたドッグフードのピッコロです。

ピッコロはグルコサミンやコンドロイチンといった軟骨部分のサポートをしてくれる栄養素が含まれているので、シニア犬にぴったりのドッグフードと言えるでしょう。

もちろん犬の身体の安全を考えて無添加で人間が食べても問題ない品質なので、年齢が気になる時期になってきたら検討してみてください。

【ファインペッツ極】運動量が多い愛犬におすすめ

活発に活動する愛犬であれば、それだけ必要なカロリーも多くなります。

運動量が多いのであれば100gで422kcalもあるファインペッツ極がおすすめです。

カロリーが高いのが気になる方もいるかもしれませんが、ファインペッツ 極は消化吸収効率も高いので、与えすぎにだけ注意しておけば問題ありません。

ヒューマングレード・無添加・栄養が豊富と愛犬にとって必要な要素は揃っているので、愛犬の元気をサポートするためにファインペッツ 極を与えてみてはいかがでしょうか。

【みらいのドッグフード】病気持ちの愛犬におすすめ

栄養価の高い食材に漢方やサプリといった特定の成分を含有させているみらいのドッグフードは、病気を持った愛犬におすすめです。

10gあたり約50円になるのでメインとして与える分には経済的に余裕がなければいけませんが、使用している食材はかなり高品質なので信頼ができるドッグフードとなっています。

みらいのドッグフードの中でも病気や気になる部位によって推奨されているものが違うので、間違わないようにだけ注意しましょう。

食いつきが悪い愛犬におすすめのフード

夏バテや体調不良、あるいは好みに合わないといった様々な理由で、愛犬がドッグフードをうまく食べてくれないことがあります。

そのときにはムリに食べさせるよりも嗜好性の高いドッグフードを与えてあげることで食いつきが増す場合もあるので、おすすめをいくつか紹介していきましょう。

ブッチ

ランキングでも登場したブッチの食いつきの良さは王道といっても過言ではありません。

やはり愛犬がブッチを好む理由としては生肉と変わらない香りや味、食感だからでしょう。

ブッチをスライスしてそのまま与えるだけでもいいですが、いつもあげているドライフードに混ぜてあげるだけのもいいですしょう。

ブッチは水分も多量に含んでいるのでお水をうまく飲んでくれないときにもおすすめできます

馬肉パラパラミンチ

馬肉というのは高タンパクで低脂肪・低カロリーなだけではなくカルシウムやビタミン、鉄分といった栄養素が豊富に含まれているので元気がないときに与えるにはうってつけです。

馬肉パラパラミンチは名前の通りミンチ状にされた品質の高い生馬肉なので、消化もしやすく愛犬の身体の負担になることはありません。

普段のドライフードの上にふりかけるだけでも飽きさせないようにすることができるので工夫をしながら与えてみてください。

ベニソン-Venison-

ベニソンをメインにしているドッグフードであればカロリーはそこまで高くならないので、運動量が低下している愛犬にも与えやすいでしょう。

ベニソンはヨーロッパに生息する鹿のことを指しており、脂肪が少なく犬にとって必要な必須アミノ酸もすべて揃っているため、食いつきが悪い犬にとっても食欲をそそられるものとなっています。

ベニソンをメイン食材にした有名なドッグフードであれば、キアオラが10gあたり26円とコスパもよくおすすめです。

【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード

原材料の表記がふわっとしているため、具体的にどこのどのような部分が含まれているかわからない、あるいはかさ増しやコストを抑えるために安い原料を使っているというドッグフードもあります。

しかし、いい部分だけを宣伝することによってデメリットがわからないようにされていることも多いので、ついつい購入してしまうという方も少なくありません。

正直、このグループのドッグフードから購入することは避けておくべきです。

特に4Dミートや犬のことを考えていないような悪質な添加物が含有されている恐れがあります。

ほとんどの市販のドッグフードには、犬にとって不要または有害とみなされる材料が含まれている。

・肉骨粉
・畜産副産物
・穀物

傾向として、廉価品ほど肉の含有量が少なくなり、畜産副産物や穀物ベースの増量剤が多く含まれる。一部の高級品を除けば、犬にとっては不要で、アレルギー、各種成人病、虫歯の原因となるトウモロコシや小麦が肉よりも多く含有されている(原材料表のトップに表記される)。

このような材料を使用しながらも、あたかも健康的で新鮮な自然食品が含まれているかのように消費者を誤解させる包装デザインが大変多く、批判の対象になっている。wikipedia「ドッグフード原材料」

ドッグフード大学編集部
4Dミートは
・死んでいる
・病気になっている
・死にかけている
・障害のある
といった肉を指しており、安価なドッグフードに使用されていることが少なくないのが現状です。
○○ミール・○○ミート・○○パウダー・肉骨粉・○○副産物といった成分表記がされているので、生産している企業に信頼がない場合は選ぶのを避けるようにしましょう。

では、具体的にどのようなドッグフードが該当するのでしょうか。

価格と品質のバランスが優れているとは言い難い「ドクタープロ」
ドクタープロは、2.4kgで2,900円なので10gあたり12円とコスパという観点でみると優秀なドッグフードのように見えてしまいます。
メインの肉類はラムミールと、いわゆる4Dミートに属する原材料です。
ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸が配合されていて無添加なので、その部分を宣伝すれば聞こえはいいでしょう。
しかし、犬のメインの栄養素となる肉類が最低ランクなので、価格と品質のバランスが優れているとは決していえません。
肉類がしっかりと信頼できるものかどうかという部分も大切なのです。

Bランクドッグフード一覧

フード名原材料添加物
ピュリナワン
イートイート (eateat)
スーパーゴール
ドットわんドッグフード
食糧のドッグフード
ロイヤルカナン
ブリリアントメロウ
スペシフィック
ファーストチョイス
デビフ
いなば
ご飯でつくる犬ごはん
シーザー
ユーカヌバ
グランカルノ
ドクタープロ
わんこのきちんとごはん
アズミラ
ソリッドゴールド
ビルジャック
メディコート
アーガイルディッシュ
ウェルネス
クプレラ
セレクトバランス
ドゥ・ロイヤル
ロイヤルカナン(缶詰)
パンパードペット
ナチュラルチョイス
カークランド
ナチュラルバランス(缶詰)
ビタワングー(缶詰)
和の極み
ビューティープロ
プロフェッショナルバランス
愛情物語
サクラペットフード

【Cランク】絶対与えるべきではないドッグフード

先ほど解説した4Dミートにくわえて犬の身体に悪影響を与えてしまう可能性のある添加物を含有させてしまっているゴミ同然のようなドッグフードがこのグループにあたります。

大量に生産して長期保存ができるため、価格帯はかなりリーズナブルなのが特徴です。

何度もお伝えするように大切なのは安全性と栄養面に優れたドッグフードを与えてあげることなので、絶対にこのグループのドッグフードは与えないようにしてあげてください。

すすめたくないフードの代表格「愛犬元気」
絶対すすめたくないドッグフードとして愛犬家やブリーダーから有名なのが愛犬元気です。
まずおかしいのが、一番多く含有されている原料が穀類ということです。

犬は雑食性ではありますが、元々は肉類をメインにしているオオカミが祖先なので、穀類を大量に摂取すると消化不良を起こしてしまう可能性があります。

トウモロコシや小麦粉といったものも含まれており、場合によってはアレルギーを起こしてしまう可能性もあるでしょう。また、重要な肉類はミールやパウダーのつくものばかりで全て4Dミートです。

しまいには犬にとってなんら必要のない着色料、つまり添加物を使用しているため、最悪ガンや喘息、アレルギーを引き起こして健康に支障が出てしまう可能性もあるでしょう。

ドッグフード大学編集部
2.3kgで710円なので、10gあたり3円と価格においては正直安すぎます。
しかし、これで安いドッグフードには理由があるということがわかってもらえたのではないでしょうか。

ゴミ同然のフードが愛犬にもたらす害

ゴミ同然のドッグフードを与え続けることによって、どのような害をもたらしてしまうのか、という話もしておきましょう。

結論からいってしまうと愛犬の寿命を縮めてしまうことになります。

そもそも人間が腐った肉を食べ続けたらどうなるか、わかりきったことですよね。

これは4Dミートが含まれているドッグフードを与えているのと同じ意味を持っています。

また、環境省(ペットフード安全法基準規格等)に掲載されているペットフード安全法をみてみると、人間が口にするものには使用を禁止されている添加物が許可されているのがわかるはずです。

エトキシキン・BHA・BHTなどは発ガン性があるとして危険視されているものの、許容量内ではドッグフードに含有されているということになります。

まとめると

  • 腎臓病やガンなど重い病気にかかりやすくなる
  • アレルギーを起こしてしまう
  • 毛並みや涙やけが多くなる
  • 下痢や便秘を起こしやすくなってしまう

といったように、愛犬の健康を害してしまうようになるので、ゴミ同然のドッグフードは例え安価だからといっても手は出さないようにしましょう。

Cランクドッグフード一覧

フード名原材料添加物
日本犬
愛犬満足
サイエンスダイエット(缶詰)
ペディグリー(缶詰)
プロプラン
プロマネージ
このまま素材カップ
いなばペットフード
ごちそうタイム
家族のごはん
ゴン太のふっくらソフト
スタイルズ
銀のさら
アイムス
ヘルシーステップ
ランミール
ビタワン
グラン・デリ
ベストバランス
ゲインズパックン
ペディグリーチャム
愛犬元気
ビストロゴン太

ドッグフードに関する質問

安全で栄養のあるドッグフードについて、聞きなれないことや知りたいことも少なくないはずです。

そこで次にドッグフードに関わる質問の中で多く寄せられたものを回答してみましたので参考にしてみてください。

プレミアムドッグフードって何?

プレミアムドッグフードとは、愛犬が健康的な生活を送るために必要な栄養を含んだ餌のことを指します。

ヒューマングレードや無添加、犬にとって必須なビタミンやミネラルを含んでいる高品質ドッグフード達のことです。

愛犬の健康を考えたら手作りドッグフードが良い?

手作りドッグフードは食感や香り、含まれる栄養価も多いので、手間ではなければ手作りドッグフードはおすすめです。

犬によって必要な栄養素や好み、食べさせてはいけないものもあるので、作る前はしっかりと知識を身につけてから調理するようにしてください。

犬に与える水は水道水で大丈夫?

基本的には犬に水道水を与えても問題ありません。

ただし、水質が硬水の場合は尿路結石を患っている犬にとって負担をかけてしまうので、軟水のミネラルウォーターを与えてあげる必要があります。詳しくは「犬に飲ませる水について」の記事を御覧ください

犬種別ドッグフードは意味あるの?

食べやすさや誤飲を防ぐために粒サイズが違うという点では意味はあるでしょう。

しかし、犬に必須な栄養素には違いがないので、本来であれば犬種別にドッグフードを変える必要はありません。

犬に生肉は与えても良い

犬にとって本来の食事は生肉がメインなので、栄養素や水分量も吸収することができる点においても優れているのでおすすめです。

ただし、生だからこそ鮮度や品質が重要で、肉だけでは総合的な栄養の補給は難しいということを理解して与えるようにしてあげてください。

ドッグフードは国産・外国産どっちが良い?

品質のいいドッグフードであれば国産・外国産どちらを与えても問題ありません。

ドッグフードを食べない!どうすれば良い?

愛犬のために高品質なドッグフードを用意して、いざ与えるとなったときに思ったように食べてくれないこともよくあることです。

では、ドッグフードを食べてもらうためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。

1. 従来のドッグフードから徐々に切り替えていく

ドッグフードをいきなり新しいものに変えてしまうと、犬が警戒して食べてくれないことがあります。

理想なのは様子をみながら10日ほどかけてゆっくりと新しいドッグフードに切り替えていくことです。

日にち
従来の餌
新しい餌
1日目
90%
10%
2日目
80%
20%
3日目
70%
30%
4日目
60%
40%
5日目
50%
50%
6日目
40%
60%
7日目
30%
70%
8日目
20%
80%
9日目
10%
90%
10日目
0%
100%

こうすることで新しいドッグフードの匂いにも警戒しなくなり、従来のものと同様に食べてくれるようになるでしょう。

切り替える量はあくまで目安なので、愛犬の様子をみながら量の調節をしてみてください。

参考:ドッグフードを切り替える時の方法・アドバイス

2. トッピングやウェットタイプのドッグフードを与えてみる

人間の食べるものやおやつを与えすぎてしまうと、普段のドッグフードを嫌がってしまうこともあります。

栄養不足にならないようにするためには、ドッグフードの上にトッピングを追加する、あるいはウェットタイプのドッグフードを与えるなどの工夫をしてあげましょう。

特にウェットタイプのドッグフードは食感も犬の大好きな肉本来に近いので、食いつきもよくなるはずです。

「食いつきが悪い愛犬におすすめのフード(可能であれば内部リンク)」で紹介したドッグフードであれば栄養面もクリアできるので参考にしてみてください。

3. 違うドッグフードを与えてみる

ドッグフードを食べてくれない理由の1つに、そもそもそのフードが愛犬の好みではないという可能性も考えられます。

いくら安全で栄養バランスも整っているドッグフードだとしても、愛犬が食べたくない香りや味であれば口にすることはありません。

この場合は従来のドッグフードや違うドッグフードを与えて様子をみるようにしましょう。

4. 食べないときは思い切ってドッグフードをさげる

特に体調が悪いわけでもなく、理由も見当たらない場合、愛犬のわがままや気まぐれによってドッグフードを食べないということもあります。

これは、おやつや人間の食べ物を与えすぎると起こりやすいので、気をつけなくてはいけません。

愛犬の栄養バランスを考えると高品質なドッグフードを与えるのが一番なので、しつけの一環として思い切ってドッグフードを下げてみてください。

ドッグフードを食べないと餌をもらえないという意識になれば、自然と食いつきも戻ってくるので、おねだりをされても飼い主が負けずに我慢するということも覚えておきましょう。

5. 体調不良・歯が痛そうではないかを確認

体調が優れない、あるいは歯が痛くて思ったように食べられない場合も原因としてあげられます。

ドッグフードを与えても食べない場合は、まず愛犬の様子をみて違うところがないか確認してみましょう。

口臭がきつい、鼻水、くしゃみが多い、だるそうにしているなどのサインもあるので、普段の行動についても観察するようにしてください。

体調不良や歯の痛みでドッグフードを食べてくれないのであれば、獣医さんに診てもらうか相談をしてみるのが一番です。

愛犬の健康を考えるなら安価なドッグフードは与えないでください

安価なドッグフードは愛犬の身体に悪影響を与える可能性があるということを理解してもらえたでしょうか。

そう考えると、本当に与えるべきなのは無添加で安全性に信頼ができ、栄養バランスの整ったドッグフードです。

今回紹介したランキングでどれがいいか迷っているのであれば「このこのごはん」「ブッチ」「レガリエ」を検討してみるといいでしょう。

愛犬の健康をサポートできるのはあなたが選ぶドッグフードだということを意識して、高品質で安心して与えられるものを選ぶようにしてください。