ドッグフード工房の評判と口コミ!与えて分かったメリット・デメリット

ドッグフード工房のパッケージ

大切な愛犬には、無添加で栄養がぎゅっと詰まっているドッグフードを与えたいという飼い主も少なくありません。

特に最近では添加物に関する見方が変わってきており、より安心して与えられるドッグフードを探している方も多くなりました。

そこで今回は、無添加で有名な「ドッグフード工房」の詳しい特徴や成分、安全性、口コミやメリット・デメリットを紹介していきます。

ドッグフード工房が気になっている方はぜひ目を通してみてくださいね。

商品名ドッグフード工房
評価Aランク
購入価格(税抜)
/内容量
お試し:
 180円/50g
 640円/200g
通常購入:
 900円/300g
 1,700円~/0.8kg~
定期初回:6,120円~/0.8kg×4袋~
価格/1日あたり約187円
※体重5kgの場合
原産国日本
主原料馬肉
対応年齢全年齢対応
目的総合栄養食
グレインフリー
人無添加
ヒューマングレード
販売会社ペットフード工房株式会社
\今だけ!3種類が500円+送料無料
ドッグフード工房3分チェック
粒サイズや量の種類も豊富!

ドッグフード工房の特徴

ドッグフード工房は、無添加というだけで有名なのではありません。

調べてみると、食材や製法にもこだわりが見られましたので、まずはそれら特徴についてお話します。

ドッグフード工房の特徴

  • 愛犬に合わせて4種類から選べる
  • 3種類のお試しがある
  • 新鮮で安全な天然素材
  • 無添加で安心
  • 栄養を逃がさない生づくり製法
  • 粒のサイズが選べる

愛犬に合わせて4種類から選べる

ドッグフード工房は特徴でもお話したように全部で4種類あります。

それぞれの特徴について軽く説明しておきましょう。

種類特徴
馬肉馬肉は栄養が豊富なので元気がない子におすすめ
鶏肉初心者や全ての犬におすすめ
鹿肉鹿肉は低カロリー&低アレルゲン
野菜畑タンパク質が少なめで野菜を豊富に含有しており、食が細い犬あるいはシニア犬におすすめ

野菜畑のメインタンパク質は鶏肉で、タンパク質が少ない代わりにビタミン・ミネラルが豊富です。

それ以外の種類はメインとするタンパク質が違うだけで、そのほかの原料は変わりません。

3種類のお試しがある


ドッグフード工房の4種類のうち、馬肉・鶏肉・鹿肉の3種類がお試しとして500円で購入できます。

どのメインタンパク質も国産で新鮮なものを加工・調理しているので、安全かつ栄養も豊富に摂取することができるので、愛犬の好みやアレルギーがないかどうかで選ぶと良いでしょう。

新鮮で安全な天然素材

ドッグフード工房は新鮮で安全な天然素材を使用していると公言していますが、これはいわゆるヒューマングレード品質ということです。

ヒューマングレードは人間が口にしても問題ない食べ物ということなので、安全性の高さの証明になります。

食材はなるべく旬の国産を使用しているので、海外の食材はできるだけ与えたくないという方にもぴったりです。

無添加で安心

ドッグフード工房の粒
市販のドッグフードには粗悪な添加物が含まれていることが多いですが、ドッグフード工房は無添加となっています。

形が不揃いなのも、その証拠です。

無添加であれば、添加物が原因によって起こるアレルギーや涙やけが悪化する心配もありません。

そもそも日本のペットフードに含まれる添加物の規定は曖昧で、粗悪な成分を含ませることができてしまうからこそ、愛犬に与えるドッグフードは無添加なものを与えたいですね。

栄養を逃がさない生づくり製法


一般的なドッグフードの製法だと、高温で乾燥させるために香りや栄養が飛んでしまいます。

しかし、ドッグフード工房では素材本来の香りや栄養を損ねないように生づくり製法を採用しています。

生づくり製法は素材を蒸す・炊くという工程から始まり、低温でじっくり乾燥させることで香り・栄養を逃さない方法です。

ドッグフード工房は安全性だけではなく香り・栄養面にもこだわっているということがわかりますね。

粒のサイズが選べる

ドッグフード工房は通常粒と小粒の2種類から選ぶことができます。

通常サイズはだいたい1cm前後、小粒サイズは0.7cm前後となっているので、愛犬の口の大きさや好みに合わせて選んでみてください。

一部、通常粒しか選べないサイズもあるので、以下の表を参考にして小粒が選べるサイズを把握しておきましょう。

50g通常のみ200g通常のみ
300g通常のみ800g通常・小粒
2.4kg通常・小粒5.8kg通常

ドッグフード工房の原材料と安全性

ドッグフード工房の原材料欄
では、次にドッグフード工房がどのようなもので作られているか、原材料を見ていきましょう。

本当に良いドッグフードかどうかは、原材料を見れば判断ができます。

原材料と成分

原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

馬肉・うるち米・小麦・生おから・さつまいも・本鰹節・にんじん・カボチャ・すり胡麻・食用卵殻粉・すなぎも・鰯粉・菜種油・米油・ビール酵母・食塩

成分

タンパク質20%以上
脂質8%以上
粗繊維2%以下
灰分4%以下
水分6%以下
エネルギー
(100gあたり)
375kcal

安全性

粗悪な原料(4Dや副産物)なし
危険成分(化学合成物質)なし
好ましくない原料小麦、食塩
その他なし

ドッグフード工房のこだわりをみてみると、食材や製法については安全性がかなり高い基準にあるということがわかるのではないでしょうか。

ただし、一点気になることといえば、原材料に小麦と食塩を使用しているということです。

小麦に含まれるグルテンは犬にとってアレルギーを起こしやすい成分なので、愛犬がグルテンアレルギーを持っていないかどうか確認しておかなくてはいけません。

また、小麦は消化しにくくお腹に負担をかけてしまうので、あまり必要な食材ではありません。

そのため、愛犬が小麦アレルギーではないのであれば無添加で安全性の高いドッグフードなので、ぜひ与えることを検討してみてください。

また、食塩に関しては、食いつきを良くするために入れることがありますが、この程度の量であれば問題はないと言えます。

ドッグフード工房を与えてみてわかったメリット

ドッグフード工房を調べてみて、うちの愛犬はグルテンアレルギーではないので、無添加のドッグフード工房をあげてみました。

その際に分かったメリットを紹介します。

[merit title=”メリット”]
  • 香りが良くて食いつきが良い
  • 涙やけが良くなってきた
  • 元気に走り回ることが多くなってきた
  • 粒のサイズが選べる
[/merit]

香りが良くて食いつきが良い

ドッグフード工房はどれも出汁のような良い香りが広がり、愛犬も美味しそうな匂いなのか袋をお皿に少量入れて与えてみるとバクバク食べてくれました。

ドッグフードにおいて食いつきの良さは非常に重要なので、食いつきが良かったのは嬉しいメリットです。

ドッグフード工房に切り替える時に、以前のドッグフードを混ぜ合わせて与えていましたが、味も良かったのか残さずどちらも完食してくれました。

高品質なドッグフードは栄養や安全性が高くても食べてくれないこともあったので、好みはあるものの食いつきに関しては問題ないと感じています。

涙やけが良くなってきた

無添加にこだわっているドッグフード工房だからこそ、添加物によって起こる涙やけの改善には期待していました。

結果、与えて3ヶ月ほど経った頃には涙やけが良くなってきました。

粗悪な原料も使用していないので、ドッグフード工房は涙やけや毛並みの改善には向いているかもしれません。

元気に走り回ることが多くなってきた

ドッグフード工房をあげて、愛犬が元気に走り回るということが多くなってきたような気がしています。

体調が悪いという日も少なくなってきたので、おそらく栄養補給がしっかりとできているからこそ良い結果をもたらしてくれたという印象です。

元気になってくれるのは飼い主にとっても喜ばしいことなので、ドッグフード工房は今でも愛犬に与えているドッグフードの1つになっています。

ドッグフード工房を与えてみてわかったデメリット

嬉しいメリットがたくさんある一方で、デメリットだと感じたところもありました。

[demerit title=”デメリット”]
  • 価格は少し高め
  • 小麦アレルギーの犬には与えられない
  • 粒の硬さが合わない犬もいるかも
[/demerit]

価格は少し高め

ドッグフード工房は市販されているドッグフードよりも価格は少し高めです。

800gで1,700円なので100gあたり約213円となっています。

内容成分や安全性を考えるとコスパが良い価格帯ではあるものの、安さという点だけでみてしまうと決してリーズナブルな価格帯ではないでしょう。

安さ重視なのか安全性・栄養面重視なのかでデメリットに感じてしまうかどうかが分かれてしまうかもしれませんね。

小麦アレルギーの犬には与えられない

ドッグフード工房は小麦が含まれているので、小麦やグルテンアレルギーの愛犬であれば与えることができません。

私の愛犬は小麦アレルギーを持っていないのでドッグフード工房は問題なく与えられました。

また、小麦はアレルギーを起こしやすいというだけで、もしかすると他の食材でアレルギーを起こしてしまう可能性もあります。

安全性を考えるのであれば、ドッグフードだけではなく事前に愛犬がどのようなアレルギーを持っているか確認しましょう。

粒の硬さが合わない犬もいるかも

ドッグフード工房の粒は少し硬めなので、シニア犬や歯の弱い子にとっては食べにくいかもしれません。

お湯でふやかすなどの工夫をすれば回避できるデメリットではありますが、そのまま与える場合は少し注意が必要だと言えます。

\今だけ!3種類が500円+送料無料
ドッグフード工房を試してみる
涙やけ・毛つや改善に!

ドッグフード工房の口コミ

ドッグフード工房を愛犬にあげている飼い主さんの、良い口コミと悪い口コミを見てみましょう。

ドッグフード工房の良い口コミ

ドッグフード工房の悪い口コミ

愛犬が餌を食べなくなり、いい餌がないかと思い探しており購入致しました。ですが、最初の1ヶ月は食べてくれたのですが、餌が硬すぎる為、ウチの犬が食べなくなり、再度購入を辞めました。ウチの犬が高齢もあってが、餌が硬すぎる為、与えずらかったのと、味も薄味でしたので駄目でした。餌に入っている成分は、とてもいいので、残念です。Amazon

ドッグフード工房の口コミまとめ

全体的に食いつきが良いという口コミが多かったです。

普段ドッグフードを食べない子でも、ドッグフード工房は食べてくれるという口コミも見かけるので、犬にとって美味しそうな香りであることは間違いないでしょう。

悪い口コミは少なくあまり見受けられませんでしたが、デメリットでも触れたように硬いからなのかドッグフード工房を食べてくれないという犬もいたようです。

好みの問題もあるので全ての犬が食べてくれるということは無いので、あくまで参考として覚えておくといいかもしれませんね。

お得に買うならどこ?公式・Amazon・楽天の料金比較

スーパーで売られているようなドッグフードよりは少々値段が高いドッグフード工房。

愛犬にずっとあげていきたいのなら、安くで手に入る方が良いですよね。

そこで、公式とAmazon、楽天で比較してみました。

ドッグフード工房 馬肉 800gの値段比較
 公式Amazon楽天
初回
お試し
500円/3種類
定期
購入
6,120円/0.8kg×4
(1袋1,530円)
通常
購入
1,700円1,870円1,870円

お得に買うなら公式がおすすめ

通常購入でも公式サイトがオススメです。

しかも、サイトの「できたて定期便」はさらに割引されるので、お試しを利用して食い付きが良ければ定期便を利用するようにしましょう。

できたて定期便は通常価格よりも10%~14.5%OFFで注文でき、なおかつ送料も無料になるので通常購入するよりもお得になります。

さらにドッグフード工房で販売しているおやつも10%OFFでお買い求めできるので、ぜひできたて定期便を活用するようにしてください。

よくある質問

ドッグフード工房は実店舗や取引店はあるの?

八王子店にて購入することができます。

八王子に店舗を構えており、そこのお店で実際に購入することができます。

賞味期限はどのくらいですか?

未開封で3ヶ月、開封後は1ヶ月となっています。

粒の大きさや色が違うのがあるのはなぜですか?

無添加だからです。

ドッグフード工房は凝固剤や保存料を使用していない無添加のドッグフードなので、大きさや色にばらつきが出てしまいます。

大きさや色のばらつきこそ安全性の高い証拠として捉えてください。

ドッグフード工房の評判まとめ

ドッグフード工房は新鮮で品質のいい食材を栄養が損ねないように生づくり製法を用いて作られたドッグフードということがわかってもらえたでしょう。

小麦が含まれているという点に関しては注意が必要ですが、それ以外は安全性に信頼できるので、一度与えてみる価値のあるドッグフードといえます。

口コミでも高評価が多いので、まずはお試しで食いつきを確かめ、よければできたて定期便でお得にドッグフード工房を与えてみてください。

\今だけ!3種類が500円+送料無料
ドッグフード工房を買ってみる
公式からお得に手に入れよう!