ドッグフードの口コミと評判

ドッグフードの口コミ

ドッグフードを購入するとき安さと量だけで選んでいませんか?

国内で販売されているドッグフードは大きく分けて安くて大容量の「レギュラーフード」と品質重視の「プレミアムドッグフード」の2つに分けられます。

人間が食べる食事には添加物が使用されていることがほとんどですが、必要以上に神経質になる必要はありません。なぜなら人の食事に使用される添加物は毒性のないものだからです。

ただし、ドッグフードの場合、人間よりも原材料の安全性が低いため、中には安全と言えない添加物や毒物といってよいものまで混入されているケースもあります。

そこで、日本で販売されているほぼすべてのドッグフードの原材料や成分を分析し辛口採点しました。

S獣医師から見ても問題がなく、とくにおすすめできる。
A安全性の疑われる添加物や物質が少ない。
栄養面で悪影響の可能性が低く、犬にとってメリットのほうが多い。
主食でない一般食でも、かなり成分が吟味されている。
B安全性の疑われる添加物や物質が使われており、比較的安全ではあるが添加剤が複数入ってる。
製品設計の段階で配合主原料にもあまり志の高さが感じられず、主食として与え続けると栄養が偏るなど、栄養面で悪影響を及ぼす可能性がある。
できれば与えたくないドッグフード。
C安全性の疑われる添加物や物質が使われており、具体的に何が含まれているのかわからない原材料がある。
また、見るからに安い原料を使っていて誤食など、犬にとって危険性が高い。
D論外。絶対与えるべきではない。
ドックフードランキング
このこのごはん
「犬臭」「毛並み」「涙やけ」の悩みを解消する小型犬専用フード
このこのごはん
4.9
原材料を極限まで追求したフード
ブッチ
食いつきNo1フード
ブッチ
4.6
値段は高いが価格以上の評価
いぬはぐ
犬の健康を考えたフード
いぬはぐ
4.2
腸内環境の改善、免疫維持、関節ケアなど総合的に健康をケアできる
モグワン
全てがパーフェクト
モグワン
4.0
獣医師推薦のスペシャルフード
FINEPET'S極
肉類原材料が9割のプレミアムフード
FINEPETS極
4.0
公式サイトから最高品質の良さが伺える
UMAKA
「MAID IN JAPAN」使用食材すべてが日本国内産
UMAKA
4.0
ノンオイルコーティングで品質重視のフード
オリジン
原材料の85%が肉という高水準フード
オリジン
3.8
コスパは悪いが質は全フードNo1
カナガン
モグワンの兄弟フード
カナガン
4.0
高タンパク高脂質なので栄養をたくさん与えるならモグワンよりこっち