HAPPYDOGドッグフードの評判と口コミ!分析結果からわかるメリット・デメリット

HAPPYDOGドッグフード

高い品質基準に基づいて製造されているHAPPY DOGのドッグフード。

契約農家から直接仕入れた、新鮮で安全な食材を使用して作られる最高品質のドッグフードは、愛犬の健康維持のために最適なフードとして人気です。

今回は、そんなHAPPY DOGのドッグフードの成分と原材料を調べてみました。

商品名ミニ ニュージーランド 消化器ケア
商品評価Aランク
評価の基準はこちらで説明しています。
購入価格/内容量 【通常購入】
250円(税抜)/80g
1,050円(税抜)/300g
2,200円(税抜)/1kg
7,000円(税抜)/4kg
【定期購入】
2,200円(税抜)/1kg
7,000円(税抜)/4kg
※価格は公式ページ参照
価格/1日あたり250円(税別)
※体重5kgで1日80g与えた場合
原産国ドイツ
主原料ラム肉・米
対応年齢成犬〜高齢犬
目的総合栄養食
グレインフリー
グルテンフリー
人工添加物
ヒューマングレード
販売会社ワールドプレミアム株式会社
\ペット先進国ドイツで支持率NO.1!/
HAPPY DOGを3分チェック

HAPPYDOGの特徴

HAPPYDOGドッグフード
HAPPY DOGは、ペット先進国であるドイツ製のドッグフードです。

そんなペット先進国でも人気の高品質ドッグフードであるHAPPY DOGの特徴について紹介します。

特徴

  • 現代犬に合ったタンパク質量とカロリー
  • 自然な栄養バランス
  • 種類が豊富

現代犬に合ったタンパク質量とカロリー

HAPPY DOGは、犬の祖先はオオカミであるが、オオカミほど同様のカロリーは必要ないと考えており、高タンパク過ぎない、カロリーをしっかりと抑えたドッグフードとなっています。

HAPPY DOGは、犬=オオカミではなく、人間とともに進化した「現代の犬にちょうどよいフード」として作られています。

今回紹介する「ミニ ニュージーランド」は、特にお腹が弱い小型犬におすすめしたい総合栄養食のドッグフードです。

消化吸収率90%以上

HAPPY DOGのドッグフードは消化吸収率90%以上とプレミアムドッグフードの中でも高く、少量でも栄養がしっかりと摂取できるだけでなく、消化にも負担をかけにくいレシピとなっています。

また、消化吸収率が高いと糞便の量が少なく済むので、飼い主も助かります。

自然な栄養バランス


運動量の少ない現代の犬にとって、良質なタンパク質を摂取することも大切ですが、腸内環境を整えてくれる野菜や穀物、食物繊維などタンパク質意外の栄養素もバランス良く取ることが大切です。

中でもムール貝(緑イ貝)は、関節、腱、靭帯の生成に必要な栄養素であるグルサミノグリカン(GAG)を豊富に含んでいると言われており、愛犬の活力に重要な栄養素となっています。

このようにHAPPY DOGは消化によく、便の調子を整えてくれるなど、健康維持に優れた栄養バランスとなっています。

種類が豊富

HAPPY DOGは豊富なラインナップが特徴で、愛犬の年齢や健康状態に合わせて適切な製品を選んで与えることができます。

  • スプリーム・ヤング(子犬用総合栄養食)
  • スプリーム・フィット&ウェル(中大型犬用総合栄養食)
  • スプリーム・センシブル(中大型犬用総合栄養食・低アレルゲン)
  • スプリーム・ミニ(小型犬用総合栄養食)
  • サノN(腎臓病・肝臓病ケア)

以上の大まかな分類の中でさらに目的別に細分化されており、ドライドッグフードだけでも24種類あります。

一見どれにしようか悩んでしまいそうですが、公式ページにはどういった愛犬向けなのか細かく説明があるので愛犬に合ったしっかりとした食事を選んであげられるのもポイントです。

HAPPY DOGミニ ニュージーランドの原材料と安全性

HAPPYDOGドッグフード

原材料と成分

HAPPYDOGミニ ニュージーランドの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

ラムプロテイン*(21%)、米粉(21%)、ライスプロテイン* (14.5%)、トウモロコシトウモロコシ粉、ポルトリー脂肪、加水分解レバー、ビートファイバー*、アップルファイバー*(0.8%)、ひまわり油、菜種油、乾燥全卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ*、塩化カリウム、海藻*(0.15%)、亜麻仁(0.15%)、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム(ハーブ:0.14%)*、緑イ貝*(0.05%)、イースト抽出物*、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)(*乾燥)
HAPPYDOGミニ ニュージーランドの成分
粗タンパク質24.0%
粗脂質12.0 %
粗繊維3.0%
粗灰分7.5 %
水分9%以下
エネルギー
(100gあたり)
341.8kcal

安全性

HAPPYDOGドッグフード

粗悪な原料(4Dや副産物)なし
危険成分(化学合成物質)なし
好ましくない原料トウモロコシ、トウモロコシ粉
その他なし

プレミアムドッグフードとして当たり前ですが、厳しい食品基準をクリアした人間が食べても大丈夫なヒューマングレードの食材のみを使用しています。

原材料は可能な限り地元の契約農家から直接仕入れ、ドイツ・バイエルン州にある自社工場で製造されているため、安心して愛犬に与えることができます。

また副産ミールをはじめ、遺伝子組み換え作物や保存料、香料や着色料などの添加物を一切使用していません。

基本的には、HAPPY DOGのドッグフードは添加物フリーで安心してあげることができます。

グルテンフリー

HAPPYDOGドッグフード
HAPPY DOGの「ミニ ニュージーランド」の原材料の中で、米粉・トウモロコシ・トウモロコシ粉などは本来あまり好ましくない材料です。

しかし、グレインフリーのドッグフードではありませんが、アレルゲンの少ないグルテンフリーとなっているので、穀物アレルギーではない愛犬でなければ問題なく与えることができます。

ただし、持病があるなど、徹底的な健康管理が必要なワンちゃんに与える場合には獣医師の判断を仰いだほうが良いかもしれません。

HAPPY DOGを与えてみてわかったメリット

HAPPYDOGドッグフード
HAPPY DOGを実際に私の飼っている犬に与えてみました。

しばらく様子をみてみて分かったHAPPY DOGのメリットをご紹介します。

[merit title=”メリット”]
  • 涙やけが薄くなった
  • 毛並みが良くなってきた
  • 便秘が解消された
  • 小粒で食べやすい
[/merit]

涙やけが薄くなった

早速与えてみて気づいたのが涙やけの変化です。

消化が良いからか、ハーブの効果かはわかりませんが、以前より涙やけが薄くなってきました。

涙やけにずっと悩んでいたので、調べてみると消化不良ということがわかっていたので、この変化は一番うれしかったです。

毛並みが良くなってきた

涙やけ同様しばらく与えていると、毛艶が良くなってきたように感じました。

それ以前に身体のあちこちを痒がることが多かったのですが、あまり痒がる仕草をしなくなったのです。

健康な身体づくりに欠かせないのがオメガ3、オメガ6脂肪酸だそうで、ハッピードッグではこれらを豊富に含む亜麻の種(亜麻仁)がブレンドされていました。

便秘が解消された

うちの子は糞が固めなのか、いつも苦しそうに排便していました。

HAPPY DOGはこういった腸の調子を整えてくれる材料が使用されていると書いてたので与えてみると、便が少しづつではありますが水分を含んで柔らかくなっているように思います。

このまま調子がよくなることを期待したいです。

小粒で食べやすい

HAPPYDOGドッグフード

うちの子はあまり噛まずに飲み込む感じの食べ方なので、小粒でまずは安心しました。

食いつきも悪くなく、ペロリと毎回完食してくれます。

HAPPY DOGを与えてみてわかったデメリット

皆さんにも愛犬にぴったりのドッグフードを選んでほしいので、ここでHAPPY DOGのデメリットを紹介します。
[demerit title=”デメリット”]

  • グレインフリーではない
  • 定期購入の割引がない
[/demerit]

グレインフリーではない

先程から説明でもあったとおり、ハッピードッグのフードにはトウモロコシなどの穀物が使用されています。

小麦を使用しないグルテンフリーのレシピとしているので、穀物にアレルギーある犬への配慮もされいるようですが、あえてこのような穀物を入れる必要性は無いようにも感じます。

しかし、便秘や下痢など便で悩んでいるという飼い主は、ハッピードッグの食物繊維、穀物によって腸の調子を整えてくれるレシピを試してみる価値はありそうです。

定期購入の割引がない

ハッピードッグのドッグフードには、定期購入コースがありますが通常で購入する価格と変わりません。

しかも、通常購入だと80g〜4kgまでと購入量の選択肢が多いのですが、定期購入の場合1kgか4kgのみとなります。

定期購入にするメリットは、今の所注文し忘れがないことと、会員ポイントとして購入金額の10%ポイントがたまり、次回の購入で1P=1円として使用できるという点です。

HAPPY DOGを毎回購入している、毎回注文するのが面倒くさいという方は、定期購入に切り替えたほうが少なくともお得ですし、便利です。

HAPPY DOGの口コミ

HAPPY DOGの良い口コミ悪い口コミを調べてみました。

良い口コミ

いつも300gを買っていましたが、モリモリよく食べるので今回は1kgを購入いたしました。体調もよく、便の調子も良いです。自然なフードな分、保存には気を遣っています。高温多湿にならないように暖房の入っていない場所で保管しています。HAPPY DOG公式ページ

粒が小型犬に食べやすいサイズでした。HAPPY DOG公式ページ

涙焼けの目立つ日本スピッツでしたが、合っているのか改善されています。Amazon

悪い口コミ

うちのわんちゃんが食べなかったので★一個にしました。
物はいいと思うのですが…Amazon

うちの子にはあわなかったみたいです。
食いつきが悪く、なかなか食べないので苦労しました。楽天

HAPPY DOGの口コミまとめ

HAPPY DOGの口コミを見ると、食いつきの良さや便の状態が安定したなどの意見が多く寄せられています。

HAPPY DOGはラインナップが豊富なため、愛犬に最適なタイプのドッグフードを選ぶことができます。

それぞれのライフステージや状態に合わせてフードを選べば、体調管理もしやすくなるでしょう。

全体的な評判は良いものの、プレミアムドッグフードと謳われているわりにはたんぱく質の配合量が少ないドッグフードです。

動物性たんぱく質の量が少ないのは、HAPPY DOGが「現在の犬の生活スタイルにはお肉たっぷりのドッグフードはそぐわない」と考えているからでしょう。

そのためか、うちの愛犬は食いつきがあまり良くないという声もあります。

お得に買うならどこ?公式・Amazon・楽天の料金比較

HAPPY DOGは、店頭などでも購入可能ですが、近くのお店に置いてないという飼い主のために、公式サイト以外にもどこで買えるのか、どこで買うのが安いのかを調べてみました。

公式Amazon楽天
定期購入2,200円(税抜)/1kg
7,000円(税抜)/4kg
通常購入275円(税込)/80g
1,155円(税込)/300g
2,420円(税込)/1kg
7,700円(税込)/4kg
1,155円(税込)/300g
2,420円(税込)/1kg
7,700円(税込)/4kg
1,155円(税込)/300g
2,420円(税込)/1kg
7,700円(税込)/4kg
送料5,500円以上注文で送料無料
送料全国一律770円(沖縄県を除く)
無料〜1,320円送料別

少量販売と定期購入があるのは公式サイトだけ

ハッピードッグは、公式だけでなくアマゾンや楽天でも購入可能で、価格にほとんど差はありません。

送料に関してもある金額以上は送料が無料になりますが、まずは少量で食いつきを試したいという方は公式のほうが送料も安いのでおすすめです。

[prpsay img=”https://img.dogfoodschool.com/wp-content/uploads/2020/01/staff.jpg” name=”ドッグフード大学編集部”]ちなみに少量タイプはお試しという点だけでなく、お出掛け用に重宝しているという方も多いようです。[/prpsay]

そのまま継続して購入したい場合に、自身がよく利用するショッピングサイトのポイントを貯めたい・利用したいという方はそちらを利用しても良いでしょう。

毎回注文するのが面倒という方は公式サイトで定期購入コースを申し込むようにしましょう。

さらに公式サイトでも、支払い方法によって楽天ポイントやクレジットカードのポイントを貯めることが可能です。

\毎回の注文が不要の定期購入は公式だけ!/
HAPPY DOG公式サイトはこちら

HAPPY DOGのよくある質問

HAPPY DOGだけを与えても栄養バランス的に問題はない?

HAPPY DOGは犬が必要とするすべての栄養をまかなえるように開発された総合栄養食です。

小型犬の成犬用として人気の高い「スプリーム・ミニ・ニュージランド」のたんぱく質の割合は、24%となっています。

一方、AAFCO(全米飼料検査官協会)の成犬に対する栄養基準を見ると、最低でも18.0%のたんぱく質が必要です。

HAPPY DOGのたんぱく質はAAFCOが定めている栄養基準を満たしているものの、決して高たんぱく質のドッグフードではありませんが、原材料を見る限りでは、全体的に栄養バランスの取れたドッグフードだといえます。

アレルギー体質のワンちゃんに与えても大丈夫?

グレインフリーではないため注意が必要

HAPPY DOGのドッグフードは全体的に低たんぱく質で、穀物の使用の割合が多いといえます。

もちろんたんぱく質と同じく、炭水化物は犬にとって必要な成分の一つで、トウモロコシは炭水化物源になります。

しかしながら、基本的には栄養バランスのためというよりは、「かさ増し」目的でドッグフードの主原料に用いられている場合が多いことを知っておく必要があります。

いまのところ、HAPPY DOGのドッグフードを与えてアレルギーになったという口コミは見受けられませんが、トウモロコシは食物アレルギーを引き起こすリスクのある食品に数えられるため、アレルギー体質のワンちゃんには与えないほうが良いでしょう。

炭水化物の割合は?糖尿病のワンちゃんに与えても良い?

糖尿病の愛犬には特別療法食を与えましょう

炭水化物の割合を明記する必要はないながらも、HAPPY DOGは炭水化物の割合を成分表に記載しており、良心的な会社であることが伺えます。

HAPPY DOGの「スプリーム・ミニ・アダルト・ミニ」に含まれている炭水化物の割合は、44.5%です。

炭水化物から食物繊維の割合を引くことで糖質の割合を求めることができますから、「44.5-3.0=41.5」となり、糖質は41.5%であることがわかります。

糖尿病にかかっているワンちゃんには、血糖値を上昇させやすい糖質のコントロールが欠かせません。

もしも、糖尿病のワンちゃんに与えるのであれば、「ミニ ニュージーランド(ラム&ライス)」ではなく、別の特別療法食のドッグフードを与えたほうが良いでしょう。

HAPPYDOGの評判

愛犬家の多いドイツで生まれたHAPPY DOG。

すべての製品がドイツのバイエルン州ベーリンゲンにある工場で生産管理されており、ヒューマングレードの原料を使って製造されています。

運動量の少ない現代の犬に合わせて過剰なたんぱく質と脂肪の摂取を控えるよう、ペット栄養学に基づいて作られているため、愛犬を健やかな状態に導くことが可能です。

また、HAPPY DOGの特徴は、製品の豊富なラインナップとペットとして暮らす犬たち必要とするエネルギー量に合わせて、良質なたんぱく質を適切な量だけ配合している点にあります。

しかし、製品によっては食物アレルギーを引き起こす可能性のある穀物が使用されてい点が気になるところですが、アレルゲンの可能性が少ないグルテンフリーとすることで、この問題はそこまで気にすることはないでしょう。

穀物を一切使用していないグレインフリータイプも用意されているので気になる方はそちらを検討してみてください。

さらに、HAPPY DOGにはお試しはありませんが、80g250円からという少量から購入が可能ですので、他のプレミアムドッグフードのように1kg以上入ったフードを購入し、結局食べなかったということがありません。

食いつきや相性が気になる方は、是非少量から購入し、合うようなら定期購入に切り替えましょう。