馬肉自然づくりの評判と口コミ!原材料と成分から分かる分析結果

馬肉自然づくり

馬肉自然づくりは、熊本の馬刺し専門店が人間用の新鮮な馬刺しを使って製造したドッグフードです。小型犬・成犬専用のプレミアムドッグフードですが、どんな特徴があるのでしょうか?馬肉自然づくりの原材料や成分を分析し、口コミとその評判をご紹介します。

商品名馬肉自然づくり
商品評価Aランク
購入価格300円(税込)/100g
※価格は公式ホームページ参照
100gあたり399kcal
原産国日本
原材料チキン
グレインフリー×
人工添加物
ヒューマングレード

馬肉自然づくりの特徴

馬肉自然づくりは、熊本中央食肉センターでチェックされた馬肉を使用し、徹底した衛生管理が行われている加工場で製造されています。添加物を一切使用しないヒューマングレードのドッグフードは、品質の高さと安全性の高さが特徴となっています。品質に変化がないか、常に人間が試食をしてチェックが行われていますから、愛犬にも安心して与えることができるでしょう。

馬肉自然づくりの成分と原材料

馬肉自然づくりの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

鶏肉、玄米、大麦、黒米、きなこ、かつお粉、米むか、馬油、おから、ハト麦、卵、わかめ、小松菜、昆布、ビール酵母、卵殻カルシウム
馬肉自然づくりの成分
タンパク質27%以上脂質11.1%以上
粗繊維5.2%以下灰分2.2%以下
水分7%以下カロリー399kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)無し
危険成分(化学合成物質)無し
好ましくない原料玄米、黒米
その他無し

馬肉自然づくりの原材料を見ると、全体的にヘルシーな素材が用いられており、成犬を対象に作られたドッグフードであることがわかります。
ほかのプレミアムドッグフードと同様、無添加かつヒューマングレードのドッグフードですが、海藻類をはじめ、おからや米ぬかなど、ユニークな素材が使用されています。
ミネラルや食物繊維の多い海藻類は、ワンちゃんの腸内環境を良くします。また、おからも食物繊維が豊富ですから、腸の動きを活発にする助けをしてくれるでしょう。
米ぬかに関して、「犬に与えても大丈夫なの?」と心配される方もいらっしゃるでしょうが、米ぬかの食物繊維は腸内細菌によって発酵され、栄養の吸収を高めます。
ただし、穀物アレルギーがある場合には、アレルギー反応を引き起こす恐れがありますから、注意が必要です。

高たんぱく質で疲労回復効果のある馬肉を使用

馬肉はたんぱく質をはじめ、鉄分や亜鉛、グリコーゲンやペプチドなどを含んでおり、貧血や滋養強壮、疲労回復や血圧を下げる効果が期待できます。
高たんぱく質にもかかわらず、牛肉や豚肉に比べると低脂肪の馬肉は、犬にとって良質なたんぱく質源です。
馬肉自然づくりで使用されている馬肉は、人間用の馬刺しの端材が用いられており、いつでもさばきたての馬肉から作られています。
馬肉はシニア犬に最適な素材だといえますが、馬肉アレルギーのワンちゃんには与えないようにしましょう。

被毛・皮膚トラブルのワンちゃんにおすすめ

馬肉自然づくりは低脂肪の馬肉を使用しているにもかかわらず、脂質量が若干多いドッグフードです。
成犬が1日に必要とする脂質量は、体重1kg当たり1.5gです。体重3kgのワンちゃんの場合、1日に最低4.5gの脂質が必要となります。
体重3kgのワンちゃんへの1日の給与量は55gで、馬肉自然づくりは脂質が11.1%ですから、「55×0.11=6.05」になります。
上記の計算式から、馬肉自然づくりを体重3kgの成犬に与えた場合、1日に約6gの脂質を摂取できることがわかります。
馬肉自然づくりを与えれば十分な量の脂質が摂取できますから、被毛がパサついているワンちゃんや皮膚トラブルを抱えているワンちゃんにふさわしいドッグフードだといえるでしょう。

気になるカロリーは?

1日に必要な摂取カロリーを求めたい場合には、「(体重×30+70)×指数=摂取カロリー/㎉」の計算式に当てはめることができます。
体重3kgの7歳以上のシニア犬(避妊・去勢済み)が1日に必要とする摂取カロリーは、「(3×30+70)×1.2=192」ですから、192㎉であることがわかります。
馬肉自然づくりの代謝エネルギーは、100g当たり399㎉です。
体重3kgの成犬の馬肉自然づくりの給与量は55gなので、1日に約219㎉を摂取することになります。
このことから、まだ若い成犬にとってはちょうど良くても、運動量が減るシニア犬にとって馬肉自然づくりは、少しだけカロリーが高いドッグフードだといえるでしょう。
もしも7歳以上のシニア犬に与えるのであれば、給与量を減らして与えることができるかもしれません。

お得に購入するならアマゾン?それとも楽天?

馬肉自然づくりは公式サイトから購入することができ、アマゾンと楽天からは購入できません。
公式サイトから定期便に申し込むと、初回のみ20%オフで購入することができ、通常価格1袋(1kg)3,000円が2,400円になります。
2回目以降は10%オフが適用されて2,700円で購入できますから、年間3,900円もお得になります。
馬肉自然づくりは100g当たり300円ですから、1日の給与量が55gの場合には、1日当たり165円です。1ヵ月当たりにすると、「165円×30日」で4,950円かかります。
もしかすると、普段購入しているドッグフードより高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、新鮮な人間用の馬刺しを主原料にしていることを考えるなら、妥当な値段だといえるでしょう。

馬肉自然づくりの口コミと評判

馬肉自然づくりの口コミ・評判のまとめ

馬肉自然づくりの口コミを見ると、人間が食べても安心なドッグフードなので購入した、アレルギーになりにくそうなので購入した、という意見が寄せられていました。馬肉自然づくりのドッグフードは馬肉とチキンのほか、馬油が使用されており栄養価が高いのが特徴です。良質なたんぱく質源ですから、毛艶や被毛への良い影響を期待できます。馬肉自然づくりは小型犬・シニア犬専用のドッグフードらしく、粒が小さめで食べやすいことも評価されています。一方、悪い口コミとしては便がゆるくなった、価格が高いなどの意見が寄せられていました。価格が高いことに関しては、ヒューマングレードの厳選素材を使用しているため仕方がないといえます。お得に購入したいのであれば、公式サイトから定期便を注文すると良いでしょう。

馬肉自然づくりのQ&A

Q. お腹がゆるくなるのはなぜ?
A. 一般的に、ドッグフードを切り替えるときには、1週間から10日ほどかけて徐々に切り替えることをおすすめします。急にドッグフードを切り替えてしまうと、便の調子が悪くなる場合も。また、新しいドッグフードに切り替わったことで食欲がわき、食べ過ぎて消化不良を起こす場合もあります。便の調子を良くするためには、徐々にドッグフードを切り替えることと、定められた給与量をきちんと守ることが重要です。胃腸が弱っているワンちゃんの場合には、ドッグフードの油分が刺激になるため、ふやかして与えることができるでしょう。
Q. 涙やけへの効果は期待できる?
A. 涙やけになる原因は肥満やストレス、先天的な要因などさまざまです。意外なことに、高たんぱくすぎるドッグフードも、涙やけを起こす原因となります。馬肉自然づくりは低カロリーなうえに、たんぱく質の割合も多すぎるということはありません。また、添加物を一切使用していないドッグフードですから、涙やけへの効果を期待できます。
Q. 子犬に与えても大丈夫?
A. 馬肉自然づくりは、成犬からシニア犬までの小型犬用に作られたドッグフードです。馬肉自然づくりのたんぱく質は27.0%です。AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めている子犬のたんぱく質の栄養基準は22.5%以上ですから、子犬に与えても差しさわりはないでしょう。しかしながら、馬肉自然づくりは主にシニア犬を対象にしたドッグフードとして開発されていますから、子犬専用の別のドッグフードを与えたほうが良いかもしれません。

AAFCOは以下の記事で解説しています
ドッグフード品質基準AAFCOって一体なに?安全安心の証拠?ドッグフード品質基準AAFCOって一体なに?安全安心の証拠?

馬肉自然づくりの評価

馬肉自然づくりの口コミでは、食いつきが良かった、小粒だからシニア犬でも食べやすそうだという意見が見受けられます。栄養価が高く、高たんぱく・低脂肪の馬肉と毛艶を良くする馬油が使われているだけではなく、わかめや昆布など全体的にヘルシーな素材が用いられています。馬肉自然づくりは、シニア犬や被毛の質を改善したいワンちゃんにおすすめで、7歳以上のワンちゃんに与えるのに最適なドッグフードだといえます。また、涙やけの改善が期待できたり、食いむらがあるワンちゃんにも評判が良いため、愛犬のために新しいドッグフードを探しているのであれば試してみる価値はあるでしょう。