ビタワンドッグフードの口コミと評判!原材料と成分から分かる分析結果

ビタワンドッグフード

半世紀も前に発売が開始された日本で最初のドッグフードです。この長い歴史を経て現在では小型犬向けラインアップが主流になっています。
ロングセラー商品ですが現在の飼い主のニーズに合致しているとはいいがたく、まだまだ品質への課題が目立ちます。ビタワンを愛犬家目線で分析してみました。

商品名ビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入り
商品評価Dランク
評価の基準はこちらで説明しています。
購入価格59円(税込)/100g
※価格はAmazon参照
100gあたり350kcal
原産国日本
原材料とうもろこし、糟糠類、肉類等
グレインフリー×
人工添加物×
ヒューマングレード×

ビタワンの特徴

ビタワンと言えばその長い歴史から犬と無縁な方でも目にしたことあると言われるほど有名な製品です。白い犬のイラストは昔から変わらないビタワンのイメージキャラクターです。

ビタワンはバブル期のペットブームには大容量のパッケージで、その後の小型犬ブームには半生製品で飼い主の要望に応えています。

しかし安価なことは揺るぎないものの、品質への課題は多々あり現代の栄養学からはかけ離れてしまっているといえるでしょう。

ビタワンの成分と原材料

ビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入りの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

穀類(トウモロコシ、小麦ふすま、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦粉、コーングルテンミール)肉類(牛肉粉、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(脱脂大豆、大豆粉末)、油脂類(動物性油脂、γ-リノレン酸(オメガー6脂肪酸))、魚介類(フィッシュミール(DHA、EPA/オメガー3脂肪酸源)、小魚)、ビール酵母(β-グルカン源)、チーズパウダー、オリゴ糖、クランベリーパウダー、野菜類(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ)、カゼインホスホペプチド、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、コリン)、着色料(カロテン、二酸化チタン、食用赤色102号、食用赤色106号、食用黄色4号、食用黄色5号、食用青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、ハーブ抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン、バチルスサブチルス(活性菌)、アミノ酸類(アルギニン、メチオニン)、調味料、香料
ビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入りの成分
タンパク質20%以上脂質8%以上
粗繊維4%以下灰分9%以下
水分10%以下カロリー350kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)肉類(牛肉粉、チキンミール、チキンレバーパウダー)、フィッシュミール、動物性油脂
危険成分(化学合成物質)食用赤色102号、食用赤色106号、食用黄色4号、食用黄色5号、食用青色1号
好ましくない原料穀類(トウモロコシ、小麦ふすま、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦粉、コーングルテンミール)、香料
その他無し

原材料にはトウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすまといった穀類と脱脂大豆、おから粉末、大豆粉末の豆類が配合されています。これだけ多種の品目からもわかるように犬の健康を維持するには栄養不足であることが明確です。

犬の必須栄養素である動物性たんぱく質はチキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダーと全て肉片や副産物であると記載されています。動物由来であることは間違いありませんが、肉そのものが配合されておらず、十分な栄養素が含まれているとはいいがたい内容です。

これらの素材に動物性油脂を吹きかけ、肉に似た強い風味をつけている製品です。

犬の主食と考えるには栄養面で明らかな不足がみられますが、AAFCOの定める栄養基準を満たしていることから総合栄養食と表記がされています。
肉骨粉と豆類といずれもタンパク質であることから、配合量という観点では基準値をクリアできますが、決して本来の意味と同じでないことは明確でしょう。

原材料は今も昔も変わらない

日本で初めて発売されたドッグフード、最も歴史の長いドッグフードとして抜群の知名度を誇っています。これだけの存在感があるのであれば、ぜひ国内メーカーの発売するドッグフードの先駆者的存在になることを期待するものです

しかしビタワンは発売当時から変わらぬ姿勢を貫き、今も穀類を主原料とした家畜の飼料と同等の製品の販売を続けています。

これでは追随する国内メーカーがその姿勢を踏襲することも無理はないと感じてしまうでしょう。
せっかくの歴史や知名度も現在の栄養学を知ると残念に感じてしまいます。

必須栄養素の慢性的な不足は様々なトラブルの元

犬の脳には満腹中枢がないので、どんな食べ物でも目の前に置かれれば無条件で食べてしまう習性があります。

特に食欲旺盛な特質を持つ犬であればなおの事でしょう。つまりこの行動は必ずしもドッグフードが美味しいからではありません。

必須栄養素である動物性たんぱく質が慢性的に不足した状態が続くと、内臓、皮膚、被毛に様々な悪影響が生じます。中には異食症を起こす犬もいるほどです。

安価な製品ですが、愛犬の健康を考えるうえでは決して好ましい製品ではないので、十分考え見極めることが必要です。

高い嗜好があることが何より不自然なこと


ビタワンの主原料は人間の可食部位を取り除いた雑穀や廃棄相当の部位ばかりです。これらの穀物や豆類のカスと呼べる部位を犬が喜び食べるという事はなんとも違和感があります。

本来であれば見向きをしないはずの素材に愛犬が喜び、駆け寄るのであれば、それは何等かの人工的な成分が添加されているという意味です。

肉類が少なく穀物が多い

やはり、注目すべき点は、原材料表示の先頭に書かれている「第一主原料」である素材です。もっとも含有量の多い第一主原料には「穀類(トウモロコシ、小麦粉、脱脂米糠、コーングルテンフィード)」と記載されています。

犬は、本来穀物の消化吸収が苦手であるという事は今や周知の事実でしょう。

ですが、第一主原料を安価な素材にするからこそ、ビタワンの低価格路線は維持できているのです。

ビタワンの口コミと評判

[WPCR_INSERT]

ビタワンの口コミ・評判まとめ

量販店に並ぶビタワンは時代の変化と共に様々な新商品が登場し、常に一定の人気を保っています。しかし内情は犬の健康を第一に考えているとはいいがたいものです。

非常に手ごろな価格であること、知名度があることから繰り返し購入される方もいますが、長年継続して与えることで愛犬の健康に何等かの不調が出る可能性が高い事は理解しておく必要があるでしょう。

ビタワンの品質は発売当時から大きく変わることはないままです。発売当時の家畜の飼料に味をつけただけの製品は半世紀を断った今では好ましくない製品といわざるをえないのです。

「日本初のドッグフード」さとして長く支持されています。しかし使は、脱脂米糠、チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、脱脂大豆など、人間用の食材を加工した後の「残りカス」がメインとなっていて残念。

足りない栄養素は、添加物で補っています。

栄養価は基準をクリアしていますが、大切な愛犬の健康を託すには不安要素が多いといわざるを得ません。

また、本来であれば、「トウモロコシ」などの穀類を、犬が喜んで食べるという事自体、違和感のある事ですから、喜んで食べるには何等かのからくりがあると言わざるを得ません。
人工添加物、人工香料などの添加がある事は明らかでしょう。

具体的には「チキンレバーパウダー」や「ビーフオイル、チキンオイル」が風味づけの役割を担っているのでしょう。

肉そのものを使用するのではなく、粉末や油脂を使用する事で、コストは大幅にダウンし、嗜好性の高い製品に仕上がっているのです。

ビタワン ドッグフードの評価

ビタワンのドライフード同様に、缶詰製品についても、愛犬にあたえるには、ためらってしまうレベルの品質と言えるでしょう。

販売価格から想像するに、さほど良質な原材料を使用してはいませんが、嗜好性がとても高いので、かえって不安が募ります。

原材料そのものは鶏ささみや野菜の名前が列記されているので、一見安心かと思えますが、大切な事はその品質です。

ペットフードにおいてよく用いられる表現である「4D」に該当する可能性もあるでしょう。

ちなみに4Dとは、死んだ動物、病気の動物などの頭文字をとった表現で、劣悪な素材を意味する言葉です。

販売価格も100円前後、量販店では70円前後にまで価格が下がる場合もありますが、一月あたりの食費として計算した場合、さほど安価とは言えないレベルです。

小型犬であれば、この製品を購入する事よりも、手作り食にする、良質なドライフードを購入する方がより安価に済む事でしょう。

また、数十円の価格さであれば、より安全な他社の製品の購入を考えるべきです。

粗悪な食事を続ける事で、将来病気の発症をしてしまうのであれば、かえって経済的な負担が大きくなるのですから。

以上が、ドッグフード「ビタワングー」に関する評価です。