ウェルネスの口コミと評価

ドッグフードのウェルネス

イオンペット専売ブランドの「ウェルネス」は、安心で安全な、厳選された自然素材を配合した、栄養バランスのとれたペットフードです。生肉、生魚がたっぷり入った注目のウェルネスを愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考に。

商品名ウェルネス 小型犬 成犬用 白身魚&オートミール
商品評価Bランク
購入価格266円(税込)/100g
※価格はAmazon参照
100gあたり372kcal
原産国アメリカ
原材料白身魚
グレインフリー
人工添加物
ヒューマングレード×

ウェルネスの特徴


独自の栄養学に基づき適正なバランスでたんぱく質、脂肪、炭水化物を配合した製品です。
現在はイオンペットとAmazonでのみ購入することが出来るという珍しい販売スタイルを取っています。
主原料は生肉、生魚、穀物、野菜、果物を配合し犬の必須栄養素を取るだけでなく、嗜好性にも着目しています。
オメガ-6脂肪酸、オメガ-3脂肪酸の両方をバランスよく配合することで、犬の皮膚、被毛の状態を良好に保つ工夫も万全です。

ウェルネスの成分と原材料

ウェルネス 小型犬 成犬用 白身魚&オートミールの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

白身魚、サーモンミール、メンハーデン(魚)ミール、オートミール、粗挽き玄米、粗挽き大麦、粗挽き白米、えんどう、キャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、粗挽き亜麻仁、フィッシュエキス白身魚ミール、トマト、にんじん、ほうれん草、さつまいも、りんご、ブルーベリー、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)、アミノ酸類(タウリン) ※乳酸菌
ウェルネス 小型犬 成犬用 白身魚&オートミールの成分
タンパク質28%以上脂質16%以上
粗繊維4.5%以下灰分7%以下
水分10%以下カロリー372kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)フィッシュエキス、白身魚ミール
危険成分(化学合成物質)無し
好ましくない原料粗挽き大麦、粗挽き白米
その他無し

主原料は骨抜きチキン、チキンミールです。骨を加工段階で抜いていることを明記していることからも原材料に副産物を配合していないことがうかがい知れるでしょう。

近年グレインフリーが重視されるものの、この製品は穀物の配合があります。ただ配合されている穀物は粗挽き加工をすることで、消化吸収時に負担がかかりにくい様に工夫されています。
白身魚、トマト、にんじん、ほうれん草、さつまいも、りんご、ブルーベリーと馴染みのある食材が多用されていることもこの製品の信頼度を高めているでしょう。
酸化防止剤は自然派成分のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物を使用して、犬に有害な成分は一切配合せず長期保存を可能にしています。
もちろんこの製品は総合栄養食の基準を満たしているので、単品で主食として与えることの出来る製品です。

ウェルネスの口コミと評判

高品質な原材料を厳選して使用している上に、高い嗜好性と、食べやすさを追求した小粒サイズで食に悩みを抱える小型犬に大変人気です。
小型犬の健康を第一に考え、健康維持に不要な成分、有害な成分は一切配合されていません。これまでドッグフードに含まれる成分に不安を感じていた方でも安心して与えることが出来るでしょう。

ウェルネスの口コミ・評判まとめ

高品質な上に、嗜好性も高く注目の商品です。
イオンペットで購入できるので、日ごろの買い物ついでに購入できる点も魅力です。
小粒で食べやすいので食に悩みを抱える小型犬を中心に人気が高まっています。
【骨を抜く加工をあえて取り入れる】
ドッグフードに含まれる副産物はたびたび問題視されています。
この製品は製造過程であえて骨を抜く工程を取り入れるほどにその品質にこだわりをもっていることがうかがえます。
大手量販店であるイオンペットが独占販売をするほどに品質に太鼓判を押したという事は、いかに高品質で安全性が高いかがわかります。
高価すぎず、安価すぎない、ペットの主食として適正な品質、価格設定と言えるでしょう。
【総合栄養食の基準を満たす主食】
動物性たんぱく質の配合量が高く、嗜好性もよい製品です。
総合栄養食の基準を満たしているのでもちろん主食として単品で与えることが出来ます。
配合されている動物性たんぱく質の量が多く、総合栄養食の基準を超えるほどです。
【さらに高品質、アレルギー対策を万全にしたい場合は】
ウェルネスには一部穀物が配合されています。
もちろん配合されいる穀類は比較的アレルギー発症リスクの低い素材に限定されていますが、中にはアレルギー症状が出てしまうこともあるでしょう。
そのような場合は同じブランドから穀物不使用製品も発売されているので、切り替えることも可能です。

まとめ

イオンペット専売商品という冠が付くにふさわしい高品質、高栄養、高い嗜好性を実現した製品です。小型犬に多い食に関する悩みを抱える方はぜひ試食から始めてみてはいかがでしょうか。