レガリエドッグフードの評判と口コミ!愛犬に与えてみてわかったメリット・デメリット

レガリエドッグフード

「小型犬におすすめできる高品質ドッグフードが欲しい」

「できれば国産のフードをあげたい」

このような悩みを抱えながら、愛犬のために信頼できるドッグフードを探している人も多いのではないでしょうか。

そんな人には、ヒューマングレードで国産ドッグフードのレガリエドッグフードがおすすめです。

今回はレガリエドッグフードについて特徴や成分、口コミなど、気になる情報を一挙にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

商品名レガリエ
評価Sランク
購入価格/内容量通常購入:5,480円(税抜)/850g×2袋
お試し購入:500円(税抜)/160g
定期購入:4,280円(税抜)/850g×2袋
(1袋あたり2,140円)
価格/1日あたり138円
※体重2kgの場合
原産国日本
主原料鶏肉、牛肉、魚、鶏レバー
対応年齢全年齢対応
目的総合栄養食
グレインフリー
人無添加
ヒューマングレード
販売会社ネオストフード株式会社
\今ならお試し500円/
レガリエのお試しを買ってみる
クレジットカード決済でさらに5%還元

レガリエドッグフードの特徴

レガリエドッグフードの特徴
まず初めに、レガリエドッグフードの特徴を紹介します。

小型犬向けヒューマングレードのドッグフード

レガリエドッグフードは、獣医師と共同開発されたヒューマングレードのドッグフードで、特に室内で飼っている10kg以下の小型犬向けにつくられています。

室内で飼っている犬とって高すぎない28%のタンパク質含有量と豊富な栄養素を含んでいるため、日本の小型犬にはぴったりのバランスとなっています。

レガリエがぴったりな犬種
    トイプードル・チワワ・ヨークシャテリア・シーズー・ミニチュアダックス・ミニチュアシュナウザー・マルチーズ・柴犬etc
ドッグフード大学編集部
公式サイトでは10kg以下の小型の犬をターゲットにしていると記載されていますが、「栄養」「安全性」どれも優れているのでどの犬種にもぴったりです。

栄養バランス摂取とアレルギー抑制で4種の生肉を使用

レガリエドッグフードは4種類もの肉を使用

1種類の肉のみでドッグフードを作ると、アレルギーが起こりやすく栄養も偏りやすくなります。

そもそも、狩りをして動物を食していた犬本来(祖先は狼)の修正を考えれば、一種類の肉類に偏ることは不自然です。

レガリエドッグフードは、4種類の生肉を新鮮な状態で調理することで、アレルギー対策や栄養バランスを調整しているのです。

さらに、栄養を凝縮するだけでなく「味」「香り」を閉じ込めているのがレガリエドッグフードの特徴といえるでしょう。

レガリエに使われている肉
  • 鶏肉(九州産)
  • 牛肉 (ニュージーランド・オーストラリア産)
  • 旬の魚(石川県産)
  • 鶏レバー(九州産)

28%のタンパク質量

レガリエドッグフードのタンパク質量は適度なバランスである28%です。

タンパク質量が少ないと、穀物などが多く、肉類の使用量は意外と少ないこともあります。

逆に、ファインペッツ極オリジンドッグフードのように海外ドッグフードでタンパク質量が38%を超えるものもあります。

ただし、日本の室内で飼っている運動量の少ない犬にとっては、38%以上というタンパク質量は肥満の原因になるため多すぎる結果になってしまいます。

また、脂肪分は適度に抑えることで100g当たりのカロリーは348キロカロリーに抑えられています。室内で飼っている350キロカロリー以下のドッグフードがおすすめです。

国産で完全無添加!原材料の記載も正直

レガリエドッグフードは無添加グレインフリー
海外産のドッグフードは輸入するときにどうしても「鮮度」「品質」が落ちてしまうため、素材が良くても不安が残ってしまいます。

そこで、新鮮で栄養豊富な安全性の高いドッグフードを作るために、国産で「無添加」「グレインフリー」を採用しているのもレガリエドッグフードならではのこだわりです。

ドッグフードに含まれる添加物は度々問題が起こっている中、本当に信頼できる成分を考えるのであれば無添加であることが一番といえます。

また、ペットフードの表示は仕入れた材料の中身まで記載する必要はありませんが、レガリエドッグフードは原料自体の添加物もすべてチェックし、合成の添加物が使用されていないものだけを選んでいます。

さらに、アレルギーが起こりやすい穀物(グレイン)も取り除くことによって、レガリエドッグフードはどのような犬に与えても安心して健康になってくれるドッグフードとなっているのです。

ふんわりと「お肉」「出汁」の香り

レガリエドッグフードの匂い
レガリエドッグフードは素材本来の香りで愛犬の食欲をそそるよう、ノンオイルコーディングで勝負しています。

だからこそ、人間でも思わず食べてしまいたくなるような「お肉」「出汁」の香りがふんわりと広がるのです。

実は、犬の味覚は人間が感じとる味覚の5分の1しかありません。

そのため、犬にとって香りというのは非常に重要で、そのために一般的なドッグフードにはオイルコーディングをして強烈な香りづけをします。

しかし、オイルコーディングは酸化しないように酸化防止剤を使うなど、犬の身体のことを考えると決してよくない工程なのです。

レガリエドッグフードの原材料と安全性

ドッグフード選びで最重要である原材料や成分、安全性なども調べたので説明します。

レガリエドッグフードの原材料と成分

レガリエドッグフードの原材料と成分

原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

生肉(九州産鶏肉)、牛肉(ニュージーランドかオーストラリア)、魚(金沢港)、鶏レバー(日本)、ジャガイモ(アメリカ)、さつまいも(日本)、ヤシ粉末(フィリピン)、豚油かす(日本)、カツオとマグロの魚粉(日本)、ひよこ豆(アメリカ)、アルファルファ(アメリカ)、ひまわり油(日本)、ごま油(日本)、りんご(日本)、トマト(日本)、醤油(日本)、マグロオイル(日本)、乳清(日本)、脱脂粉乳(日本)、カルシウム粉末(日本)、アミノ酸類、クランベリー(アメリカ)、海草(ノルウェー)、フラクトオリゴ糖(日本)、乳酸菌(日本)、ビタミン類、ミネラル類
成分
粗タンパク質28%以上
粗脂質10%以上
粗繊維3%以下
粗灰分7.0%以下
水分10.0%以下
エネルギー
(100gあたり)
384kcal

安全性

レガリエドッグフードの粒"
レガリエドッグフードは栄養面だけではなく安全性においても非常に優秀なドッグフードといえます。

安くて粗悪なドッグフードには体に悪い添加物がたくさん含まれていますが、レガリエドッグフードには害のある添加物は一切配合されていません。

さらに無添加であるだけでなく、産地を全て明記することで安全である素材を使用していることを証明しているのも信頼できるポイントです。

また、レガリエドッグフードが作られているのは日本でも厳しいFAMIC(農林水産消費安全技術センター)の基準をクリアした工場なので、生産環境も安全性が高いことを証明しています。

レガリエをもっと詳しく知る

レガリエを愛犬に与えてみてわかったメリット

レガリエドッグフードがとても安全性と栄養価が高いペットフードと知り、実際に買って与えてみました。

レガリエを買って良かったと感じたことをご紹介します。

食いつきがいい

レガリエドッグフード
レガリエドッグフードを与えてみてわかったメリットですが、まず何より愛犬の食いつきが良いということです。

袋を開けると人間でもわかるほどのお肉と出汁の香りが広がってくるので、私の愛犬も嗅ぎつけて近寄ってくるほどでした。

いきなり与えるとお腹がびっくりしてしまうので少量だけ与えてみましたが、餌の切り替え作業がいらないのではと思うほど食べついてくれました。

現在でもレガリエドッグフードを食べ続けてくれるので、栄養満点で安全性が高いのに食いつきが良いドッグフードというのは珍しいのではないでしょうか。

毛並みが良くなり涙やけが少なくなった

レガリエドッグフード
レガリエドッグフードの成分を見てみるとわかりますが、犬が必要としている栄養素を十分なほど配合しています。

そのためか、レガリエドッグフードを与えていると毛並みが良くなり涙やけも少なくなってきました。

小型犬に多い悩みは「毛並み」「涙やけ」「におい」です。

においの改善は今のところわかりませんが、毛が柔らかくツヤが出てきており、涙やけも減ってきているのはとても嬉しいメリットでした。

においの変化もあるのか、今後レガリエドッグフードを与え続けてみてから検証していきます。

「国産」「無添加」「新鮮」で安心して与えられる

飼い主目線のメリットとしては、「国内生産」「無添加」「新鮮」な状態で届けてくれるといった要素から、愛犬に安心してレガリエドッグフードを与えられるということです。

添加物が入っていると、愛犬が喜んで食べているのとは裏腹に、本当に与え続けて大丈夫なのだろうかと心配になります。

しかし、そういった心配をしなくても良くなるので、心おきなく愛犬の健康をサポートできるでしょう。

レガリエを愛犬に与えてみてわかったデメリット

大切な愛犬を健康に保てるというのは十分に感じられたのですが、少し残念だと思う部分もありました。

楽天やAmazonでは取り扱っておらず公式サイトでのみの取り扱い

レガリエドッグフードはAmazon楽天では取り扱っておらず公式サイトのみの取りあつかいなのがデメリットに感じられます。

とはいっても、定期購入をすれば愛犬の食べるペースに合わせてレガリエドッグフードが届くので、さほど大きなデメリットではありません。

あくまで、急に必要になった、あるいはペットショップでおすすめするタイミングが合ったときに絞られるのかなという印象です。

中型犬や大型犬にはコスパが悪くなる

私が買っている犬は小型犬なので問題ありませんが、小型犬に合わせて作られたドッグフードなので、中型犬や大型犬にとってはコスパが悪くなるのではないかと思います。

栄養面や安全性においてはサイズ関係なく、どの犬種にもおすすめではありますが、コストという点でみてしまうとデメリットになることは覚えておきましょう。

レガリエドッグフードの口コミ

さて、レガリエを愛犬に与えている人の色々な意見が知りたくて、口コミも調べてみました。

レガリエドッグフードの購入を考えている人は、参考にしてみて下さい。

レガリエドッグフードの良い口コミ

ドッグフード大学編集部
レガリエのキャットフードのお試しを購入した人のツイートですが、とても対応の良い会社であることが分かります。

レガリエドッグフードの悪い口コミ

やはり、値段が高いという口コミが見つかりました。

レガリエの口コミまとめ

色々なSNSを見てみましたが、レガリエドッグフードは食いつきが良いことと安全性が高いという部分に惹かれている人が多いことが分かりました。

また、口コミ自体が少なく悪い口コミはほとんど見られません。

というのも、レガリエドッグフードは2019年の7月に販売されたばかりなので、全体的に口コミが少ないのは仕方がありません。

その中で口コミをみてみると、「食いつきがいい」「無添加で国産だから安心」という高評価の意見が多いので、レガリエドッグフードの品質に満足している人も多いようですね。

\公式サイトに飛びます/
レガリエの口コミをもっと見る

購入前に知りたいレガリエドッグフードを調査

レガリエを試してみるまえに知っておくべきことを説明します。

レガリエは保存料を使用していないから賞味期限が短い

繰り返しになりますが、レガリエドッグフードは無添加なので当然保存料を使用していません。

そのため、未開封であれば賞味期限は9ヶ月という短さです。

開封後の賞味期限は明記されておらず、できるだけ早めに消費することを推奨されています。

保存料を使用していないドッグフードは、開封後は約1ヶ月以内に使い切るように注意書きされているので、レガリエドッグフードも1ヶ月以内に消費できるようにしましょう。

注意
1ヶ月以内に使い切ることをオススメしますが、空気に触れることによって品質は徐々に低下してしまうのは避けられません。

開封後はしっかりジップを閉め、湿気の少ない冷暗所で保存しましょう。

レガリエの解約・休止・数量変更・時間帯変更について

レガリエの定期便コースを解約あるいは休止したい場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合は、レガリエの問い合わせ先に連絡すれば対応してくれます。

ただし、商品到着後5日以内の連絡となっているので注意してください。

ちなみにマイページからログインした先でも「解約」「休止」も可能です。

また、数量変更や時間帯変更もお問い合わせページから対応可能なので覚えておきましょう。

よくある質問

お試しパックはあるの?

初回限定で160g(約3日分)のお試しパックがあります。

散歩によく連れていく運動好きの小型犬には不向き?

そんなことはありません。

給餌量を調整することでレガリエは問題なく与えることができます。

粒の形がバラバラなのはなんで?

無添加だから粒が不揃いになってしまうためです。

フードを固めるための添加物である凝固剤を使用していない証拠です。

安心して愛犬に与えてあげてください。

レガリエドッグフードの評判まとめ

レガリエドッグフードは発売されたばかりで評判はまだまだ少ないです。

しかし、内容成分は鮮度が高く、犬にとって必要な栄養素を豊富に含有させている無添加ドッグフードなので、品質にはかなり自信を持っておすすめすることができます。

愛犬が好んで食べるかどうかについては、お試しで判断することができるので、是非お試ししてください。

\500円で試してみる/
レガリエを今すぐ500円で買う