ヒューマングレードドッグフードの定義!日本と海外は違うって知ってた?

ドッグフード ヒューマングレード

ドッグフードについて調べていると出てくる「ヒューマングレード」という言葉。

人間が食べることのできる安全性の高いドッグフードという意味で理解している人も多いかと思います。

しかし、実は必ずしも安全性が高いわけでもなく、愛犬に与えたくないヒューマングレードのドッグフードもあります。

さらに日本国内と海外とでは、ヒューマングレードに対する考え方や定義が違います。

この違いをきちんと理解しておかないと、安心安全のドッグフード選びができません。

ここではそんなヒューマングレードの定義や、日本と海外での考え方の違いについてご紹介します。

ヒューマングレードとは

ヒューマングレードとは
まずは言葉としてのヒューマングレードについて説明します。

ヒューマングレードには「人間が食べられる」レベルにある食材という意味があります。

そう聞くと「ドッグフードなんだからすべてヒューマングレードなのでは?」と思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。

ドッグフードの多くが粗悪な原材料を使っている

多くのドッグフードは、人間が口にしない粗悪な原材料を使って作られています。

例えば、病気で死んだ動物の肉や骨は捨てるのがもったいないので、ドッグフードを始めとした飼料の原材料として当たり前のように使われています。

これらは4Dミートとも呼ばれます。

4Dミートとは
  • Dead・・・死亡した動物
  • Diseased・・・病気だった動物
  • Dying・・・死にかけだった動物
  • Disabled・・・障害があった動物
  • 以上の4つの頭文字Dからきています。

    死んで腐りかけている肉はどう考えても愛犬の健康を維持するのには不適ですよね。

    「人間用に使ってはいけないような粗悪な原材料は、当然愛犬にとっても使うべきではない」、そういうスタンスからヒューマングレードという考え方が広まっていきました。

    人間が食べれる=安心ではない

    人間が食べられる ドッグフード
    ただし、ヒューマングレードといっても、人間が口にすることができるというだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

    栄養価が低く中身がスカスカの食材でも、健康に害がないものであればヒューマングレードなのです。

    例えば、広い庭ですくすく育った地鶏も、成長促進剤を使って育てられたブロイラーの鶏も、ヒューマングレードになります。

    そもそも人間が口にしているものが必ずしも安全だというわけではありません。

    例えば、穀物類などどんなに新鮮でも犬の消化によくないものもあります。

    ヒューマングレードだから何が入っていても安心というわけではないのです。

    日本と海外のヒューマングレードの違い

    日本と海外 ドッグフード
    ヒューマングレードは法律などで定められた基準がないため、言葉だけがひとり歩きしているような状態にあります。

    このため、国内と海外ではその考え方が違ってくることもあります。

    ここでは、それぞれにおける定義について説明します。

    海外のヒューマングレードの定義と考え方

    ヒューマングレードという考え方は、そもそも海外から入ってきました。

    海外のドッグフードでも4Dミートなど、人間が口にすることのない死んだ動物や病気の動物の肉が使われていることがあります。

    それらはもちろんヒューマングレードではありません。

    そのような原材料では、品質の高いドッグフードは作れないということから、人間用の食材として安全基準を満たしたものだけをヒューマングレードと定義し、ドッグフードの原材料として使用することで、安価なドッグフードとは違ったクオリティの高い「プレミアムドッグフード」として販売しているのです。

    海外ではヒューマングレードと表記しない

    海外では、ドッグフードの原材料とはいえヒューマングレードという表記があると、「人間が食べても大丈夫なドッグフード」だと誤解されることがたびたびありました。

    もちろん、原材料がヒューマングレードであるということで、ドッグフードそのものがヒューマングレードというわけではありません。

    こういった誤解を防ぐために、現在海外ではドッグフードに「ヒューマングレード」という表記がされることはほとんどありませんが、安全性の高いドッグフードを作るという考え方そのものがなくなったわけではありません。

    言葉としてのヒューマングレードが減っているだけで、むしろヒューマングレードの原材料にこだわって作られたドッグフードが増えつつあります。

    日本のヒューマングレードの定義と考え方

    日本 ドッグフード
    日本ではヒューマングレードの原材料を使ったドッグフードを、人間用だと誤解して食べようとする人はまずいません。

    このため、日本では「人間が食べても安全な原材料を使ったドッグフード」にはヒューマングレードという表示がされています。

    厳密に言うと日本のヒューマングレードには定義がありません。

    しかし、ヒューマングレードという記載があることで、高級で高品質なイメージが浮かび消費者が手にとってくれます。

    日本ではドッグフードメーカーが独自の基準で製造販売を行っているため、ヒューマングレードのドッグフードでも、品質のよくない商品も残念ながら紛れています。

    日本でのヒューマングレードは、品質そのものよりもイメージ戦略として使われている言葉といふうに解釈しておくとよいでしょう。

    ヒューマングレードのドッグフードを選ぶ方法

    ヒューマングレード ドッグフードの選び方
    繰り返しになりますが、ヒューマングレードには明確な定義はなく、実際には高品質が約束されているものでもありません。

    あくまでも原材料を人間が口にしても大丈夫という程度の基準であり、完成したドッグフードを人間や愛犬が食べても大丈夫というわけではありません。

    このため、ヒューマングレードのドッグフードであっても、実際に購入するときには、品質が本当に高いものなのかを確認して選ぶ必要があります。

    ヒューマングレード選びのコツ

    • 原材料をきちんと確認する
    • 国産かペット先進国のものを選ぶ
    • 公式HPで食材へのこだわりを確認する
    • 1kgあたり2,000円以上のものにする

    以上の4つになります。

    それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

    原材料をきちんと確認する

    ドッグフード 原材料
    ヒューマングレードと書いてあれば、それだけで安全安心と思いがちですが、必ずパッケージ等の原材料を確認しておきましょう。

    例えば、小麦粉は人間にとっては安全な食べ物ですが、愛犬のアレルゲンになることが多く、できるだけ与えたくない食材のひとつです。

    ヒューマングレードだから大丈夫だと思って購入したら、アレルギー反応が出てしまうなんてこともあります。

    それだけではなく、食いつきを良くしたり、賞味期限を長くするために人工添加物などが使われていることもあります。

    人工添加物のすべてが悪いわけではありませんが、可能であれば摂取させたくない原材料です。

    高品質なドッグフードを与えたいなら、できるだけ自然食材かつ愛犬が消化しやすい素材を使ったドッグフードを選ぶようにしましょう。

    国産かペット先進国のドッグフードを選ぶ

    ペット先進国
    基本的にドッグフードは日本国内で製造したものか、以下のようなペット先進国といわれている国のドッグフードを選びましょう。

    ペット先進国と呼ばれている国
    • アメリカ
    • カナダ
    • イギリス
    • スウェーデン
    • ドイツ
    ※2019年時点
    ※上記が原産国のドッグフードすべてが安全というわけではありません。

    中国産はなるべく避ける

    最近は中国産のドッグフードも増えてきました。

    以前よりは中国産のドッグフードの品質は上がってきましたが、それでも中国では農薬などを大量に使って野菜を栽培しますし、中国産ドッグフードで多くの犬や猫が命を落とした事件もありました。

    このようなリスクがありますので、ヒューマングレードでも中国産のドッグフードはおすすめできません。

    ホームページなどで食材へのこだわりが記載されている

    ヒューマングレード ホームページ
    すでにお伝えしましたように、人間が食べられるものならすべてヒューマングレードになります。

    グラム10円の肉でも、グラム1万円の肉でも同じヒューマングレードです。

    グラム1万円のお肉が愛犬にとって良いお肉かは別として、グラム10円というのは明らかにおかしいですよね。

    そのようなお肉は、とにかく安く仕入れることを優先していますので、基本的には食肉工場のクズ肉を使っています。

    高品質なドッグフードを求めるのであれば、そのような「ヒューマングレードならなんでもいい」という食材ではなく、こだわりを持って選びぬいた食材を使ったドッグフードを選びましょう。

    プレミアムドッグフードと呼ばれる良質なドッグフードは、もれなくホームページに食材へのこだわりが記載されています。

    そして、こういったプレミアムドッグフードのほとんどがネット販売でしか購入できません。

    理由は、どのような食材を使っているのか、なぜそれを選んだかなどの原材料へのこだわりを詳しく説明をすることで、愛犬の健康を真剣に考えている人が記載内容に納得してもらった上で購入してもらいたいと考えているからです。

    1kgあたり2,000円以上に設定されている

    ドッグフード 高価
    食材へのこだわりと重なる部分もありますが、安全で栄養価も高いドッグフードを作るにはコストがかかります。

    ドッグフードの中には1kgで1,000円もしない商品がありますが、流通コストなどを考えるとそのようなドッグフードの原材料の質が高いわけがありません。

    ヒューマングレードと記載されていているにも関わらず、1kgで2000円未満になるようなドッグフードは避けるようにしましょう。

    確実な高品質のドッグフードは1kgで3000円以上はするはずです。

    高いと感じるかもしれませんが、安全な食品を選ぶというのはそういうことです。

    せっかくヒューマングレードを選ぶのですから、本当に体にいいものを買いたいですよね。

    間違っても内容量に対して格安のドッグフードなどは選ばないようにしてください。

    ヒューマングレードで安全なおすすめのドッグフード5選

    最近では、日本でも粗悪な原材料の認知度が上がってきたため、以前ではペット先進国である、カナダやアメリカなど外国産の安全なペットフードを輸入販売していました。

    しかし日本で飼われる室内犬にあった栄養面のドッグフードを作ろうと、国内産のプレミアムドッグフードも増えてきました。

    ここで、安全性が高いだけでなく、愛犬が長生きするために栄養面でも優れているヒューマングレードドッグフードを紹介しますので、参考にしてみてください。

    このこのごはん

    このこのごはんパッケージ
    日本で多く飼われている小型犬向けに作られたドッグフードです。

    小型犬の悩みで多い「におい・毛並み・涙やけ」といった症状を改善してくれる成分が入った、安全で栄養価の高いヒューマングレードなドッグフードとなっています。

    主原料は九州産の鶏肉でマグロなどの魚類も含まれており、高タンパク・低脂質・低カロリーと申し分のない原材料です。

    さらに、添加物は合成ミネラル・合成ビタミンのみで、小麦が含まれないグルテンフリーのため愛犬のアレルギーに関しても安心できるでしょう。

    一番は栄養バランスが優れているためお水とこのこのごはんがあれば他に餌を与える必要がないという点です。

    価格は1kgで3,500円なので10gあたり約35円とドッグフードにしては少し高めの価格帯ですが、栄養面や品質から考えるとコスパはかなりいいでしょう。

    \今なら15%OFF/
    このこのごはん
    詳しくはこちら

    レガリエ

    レガリエ
    こちらもこのこのごはん同様、室内飼いで10kg以下の小型犬にターゲットを合わせて作られたヒューマングレードのドッグフードです。

    獣医師と共同開発されたということもあり、原材料は国産をはじめ、安全性の高い産地のもを使用しています。

    鶏肉・牛肉・旬の魚といった動物性タンパク質を豊富に含んでいるだけでなく、乳酸菌やオリゴ糖といった愛犬の健康サポートには十分すぎるぐらいの栄養バランスと言えるでしょう。

    安心安全なドッグフードを愛犬に与えることができる、これがレガリエの最大の魅力です。

    価格は1.7kg(850g×2)で5,480円なので、10gあたり約32円になります。

    \初回お試し550円ポッキリ!/
    レガリエを500円で試してみる

    レガリエドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

    レガリエドッグフードレガリエドッグフードの評判と口コミ!愛犬に与えてみてわかったメリット・デメリット

    ブッチ


    ドライフードをなかなか食べてくれない、食いつきが悪くて悩んでいるという方におすすめしたいのが、ウェットフードのブッチです。

    ニュージーランド産の安全なチキンをベースとしており、生肉の香り・食感は、食いつきもよくペロリと食べてくれると人気です。

    また、ブッチにはすべてチキンをベースとしたブラック、ホワイト、ブルーの3種類のラインナップとなっています。

    ビーフ・チキン・ラムをメインにした肉含有率80%のブラックは一番人気で、他にも野菜や海草が加わった赤身肉が苦手な犬におすすめできるホワイト、魚(ムロアジ)も配合されているためDHAやEPAが気になる年齢高めの愛犬におすすめのブルーの3種類です。

    3種類どれも無添加で、検疫体制・環境規制が世界一厳しいとされているニュージーランドで作られているため、ヒューマングレード品質で安全性も信頼できます。

    価格は3種類全て800gで1,430円なので10gあたり約17円です。

    \初回だけ3,861円→3000円!/
    35%OFFで試してみる

    ブッチドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

    ブッチドッグフードブッチドッグフードの評価と口コミ!レビューと原材料を徹底解析した結果は?

    ファインペッツ極

    ファインペッツ極
    「世界最高品質」「安心安全」を20年追求して作られたオランダ産のドッグフードです。

    原材料は完全グレインフリーで、メインはケージフリーの、のびのびとした環境で育ったフランス産のアヒル肉が使用されています。

    更に天然のオランダ産ニシンをもはいっているので、涙目や毛艶などの愛犬の健康状態維持に効果が高い栄養バランスとなっています。

    もちろん「人間が食べることができるレベル」の原材料しか使用しておらず、世界最先端のHACCP準拠(※)の設備を持つオランダの工場で製造されているため、食品の安全性は極めて高いです。

    \今なら5,278円→1,000円/
    1,000円で試してみる

    FINEPET’S極ドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

    ファインペッツ 口コミファインペッツドッグフードの評判と口コミ!与えて分かったメリットとデメリット

    レオ&レア


    レオ&レアは愛犬の運動量など一匹一匹のマイカルテから作成(ネット上で作成)して、個々に必要な栄養バランスや給与量のフードプランを用意してくれるドッグフードです。

    原材料はヒトが食べられるレベルの食材を厳選し、すべて国産のものだけを使用しています。

    国産というだけでなく、産地すべてを公開しているので飼い主も安心して与えることができます。

    愛犬の名前と写真を入れられるサービスもるので、プレゼントとしても喜ばれます。

    \今だけサンプル送料無料で700円!/
    レオ&レアを
    オーダーメイドしてみる

    ヒューマングレードドッグフードでもしっかりと中身の確認を

    「ヒューマングレードにこだわって作りました」と書かれていると、私たちは高品質なドッグフードのように感じてしまいがちです。

    ところが、ここで説明しましたように、ヒューマングレードであることと品質の高さは必ずしも一致するわけではありません。

    人間が食べられないような粗悪な食材を使っていないという宣言をしているだけで、ヒューマングレードには正確な定義がありません。

    愛犬が消化しにくいものを使っていても、それが人間の食べるものに使われていればヒューマングレードです。

    飼い主さんは、パッケージに記載されているこのような言葉に踊らされず、どのような原材料が使われているのか中身をしっかり確認し、ホームページなどで食材へのこだわりがあるのかどうかをチェックしてください。

    安全なドッグフードを選ぶためには、飼い主さんも賢くなる必要があり大変ですが、イメージだけで選ぶのではなくきちんと中身を把握してドッグフードを選んでください。