ドッグフードの原材料『チキンミール』とは?犬に危険の意味

ドッグフード チキンミール

ドッグフードを選ぶときには、きちんと原材料をチェックしている賢い飼い主さんが増えていますが、原材料を見ても、それがどのようなものなのか分かりづらいものもあります。

その代表的な原材料がチキンミールで、飼い主さんを迷わせる悩ましい食材のひとつでもあります。

インターネットでチキンミールについて調べてみると、「危険」「食べさせてはいけない」といったネガティブな言葉が並んでいますが、市販されているドッグフードの多くにはチキンミールが使われています。

そんなに危険なものなら使用が禁止されそうなものなのに、なぜチキンミールは使われているのでしょう?

ここではそんな、知っているようでよく分からない原材料のひとつ、チキンミールの安全性について説明していきます。

チキンミールとは

チキンミールとは粉状に加工されたチキンのことを言います。

乾燥させた鶏肉を粉末状にすることで、腐ったり傷んだりしなくなるため、長期保存ができるというメリットがあります。

さらに、鶏1羽を輸送するよりも、とてもコンパクトで使い勝手がいいということで、食品業界で重宝されている食材でもあります。

チキンミールと鶏肉はどう違うの?

チキンミールと鶏肉
私たちがパンを焼くのに小麦を買ってくるよりも、小麦粉を買ってきたほうが効率的ですよね。

チキンミールも同じことで、水分の抜けた鶏肉ということで、栄養成分はまったく変わりません。

つまり、ドッグフードを作るときにはとても効率がいいわけです。

その結果、ドッグフードの製造にかかるコストを下げることがで、店頭に並んでいるドッグフードを安く売ることができます。

ドッグフードのチキンミールはなぜ危険なのか

ドッグフード チキンミール
鶏肉を粉末状にしたものがチキンミールとするなら、安全面でも問題ありません。

でもインターネット上には危険だという声がたくさんあります。

なぜ、チキンミールが危険なのか、その理由について説明します。

粗悪なチキンミールが使われている

ドッグフード チキンミール 危険
先程の栄養面でも鶏肉となんら変わりないならチキンミールはまったく問題のない原材料で、むしろ積極的に使ってもらい、ドッグフードを安く提供してもらいたいですよね。

でも、世の中にそんなにうまい話はありません。

本物のチキンミールはとても魅力的ですが、粗悪なチキンミールが多く出回っているのが現実です。

粗悪なチキンミールは、愛犬に健康被害を与えてしまうこともあるため、チキンミールが使われているドッグフードは「危険」と言われているわけです。

粗悪なチキンミールとは、どんな状態の鶏肉を使っているのか分からないということです。

どんな環境で育った鶏か

例えば、家族に食べさせる料理の鶏肉、広々とした農場で育てられた鶏とブロイラー(大量飼育)の鶏、財布の中身に余裕があるならどちらを選びますか?

ほとんどの人が前者を選ぶのではないでしょうか。

自然に近い環境で育てられた鶏は安全で美味しそうですし、ブロイラーは機械的に作られてるようで不安ですよね。

実際にブロイラーの鶏肉は、体重が増えやすい餌を与えて育てて、しっかり成長する前(飼育期間約48日)に加工されてしまいますので味がほとんどしません。

ドッグフードのチキンミールは、そのようなブロイラーの鶏肉を使って作られています。

病気にかかったチキンも使われている


ただし、これだけではまだ問題はそれほど大きくありません。

ブロイラーの鶏肉は日本の厳しい基準で管理されているため、人間も口にしますのでむしろ安全な部類に入ります。

問題は、病気にかかった鶏が死んでしまった場合です。

そのような鶏は人間の食肉としては売れませんので、ドッグフード用のチキンミールに加工して販売されることがあります。

海外のチキンミールはもっと危険?

海外の鶏肉の場合、病気を防ぐための抗生物質や、成長のための薬を使っており、体内にそのような薬物が残った状態でチキンミールに加工されることもあります。

ちなみに成長のための薬を使って無理やり体重を増やすため、心不全で死んでしまう鶏もたくさんいます。

もちろん、それらはチキンミールの材料になります。

海外産のドッグフードを選ぶ際も、粗悪なチキンミールの使用の可能性があるかないか見極める必要があります。

このように、どのような状態の鶏肉が使われているのか分からないため、チキンミールは「危険」な原材料だと言われているわけです。

肉副産物だけで作られている可能性がある

チキンミールは基本的に鶏を1羽そのまま加工して作ります。

羽もくちばしも骨も内臓もそのままの状態で粉末状に加工します。

内臓や骨にも栄養成分はありますし、自然界で肉食動物は鶏を残さず食べますので、これはこれで自然の姿に近いともいえます。

ただ、鶏から人間が口にする肉の部位を取り除き、残ったものだけを粉末状にしても、同じチキンミールとして売ることができます。

実際に粗悪なチキンミールは、そのような残りカスだけで作られていますので、タンパク質などの栄養成分が不足します。

鶏肉を与えているつもりが、食べる部分はほとんど使われていないという実態があり、さらには体内に残っている糞なども一緒に加工していることも珍しくありません。

こうなってくると、何を与えているのか分かりませんよね。

ひどい話ですが、格安のドッグフードはそのような背景があって成立しています。

[prpsay img=”https://img.dogfoodschool.com/wp-content/uploads/2020/01/staff.jpg” name=”ドッグフード大学編集部”]すべてのチキンミールが粗悪なわけではありませんが、そのようなとても鶏肉とは言えないような状態の原材料が使われている可能性があるということを頭に入れておく必要があります。[/prpsay]

チキンミール入りドッグフードの選び方


ここまでの説明を読むと、チキンミールがいかに危険であるかが分かり、原材料にチキンミールと書かれているドッグフードは絶対に買わないと決めた人もいるかもしれません。

しかし、チキンミールは先ほどもお伝えしたとおり、長期保存に優れ、栄養も普通の鶏肉と変わらないというメリットもあるため、すべてが悪いわけではありません。

世の中には原材料にこだわった良質のチキンミールもあります。

そのようなチキンミールはもちろん使っていても問題ありません。

ただ、それらを見極めるのはちょっとしたコツがあります。

ここでは、良質なチキンミールと粗悪なチキンミールを見極める方法をご紹介します。

高品質か見極めるポイント

  • ヒューマングレードにこだわっている
  • 植物性タンパク質や人工添加物が入っていない

ヒューマングレードにこだわったドッグフード


良質なチキンミールを使っているには、産地が明確なヒューマングレードの素材にこだわって作られたドッグフードです。

人間が口にするものと同等品で作られていますので、死んだ鶏の肉などは使われることがありません。

ただ、良質な鶏肉だけを使ったのではカルシウムなどの栄養成分として不足するため、栄養価の高いチキンミールを使っているわけです。

また、プレミアムドッグフードは安全性の高いヒューマングレードの鶏肉を使用するため、販売価格も店頭で売られているドッグフードよりも高値となっています。

安いほうが家計には助かりますが、愛犬を家族の一員と考えるなら、わざわざ安全性の低い粗悪なチキンミールを使う必要もありません。

[prpsay img=”https://img.dogfoodschool.com/wp-content/uploads/2020/01/staff.jpg” name=”ドッグフード大学編集部”]ドッグフードを選ぶときは「副産物は使用していません」や「健康な鶏を使用しています」というような、食材の安全性を明記しているドッグフードを与えるようにしましょう。[/prpsay]
ヒューマングレードについて詳しくはこちら
ドッグフード ヒューマングレードヒューマングレードドッグフードの定義!日本と海外は違うって知ってた?

植物性タンパク質や人工添加物が入っていない


お肉として食べるところがほとんど残っていない部位で作られたチキンミールは、どうしてもタンパク質が不足するため、それを補うために何らかの方法でタンパク質を加える必要があります。

このとき肉を使うとコストアップになるため、大豆や小麦などの安い材料を使うことになります。

また、死んだ鶏の肉などは、劣化が早く見た目も臭いも悪くなりますので人工添加物を大量に使います。

新鮮で安全な鶏肉を使っていれば、人工添加物はほとんど必要ありません。

つまり人工添加物が必要なのは粗悪なチキンミールを使っている証拠でもあります。

さらに、粗悪なチキンミールだけでなく人工添加物にも安全性に不安があります。

危険なチキンミールに危険な添加物というのでは、愛犬の体にいいわけがありません。

[prpsay img=”https://img.dogfoodschool.com/wp-content/uploads/2020/01/staff.jpg” name=”ドッグフード大学編集部”]植物性タンパク質(小麦や大豆等)や人工添加物(BHTやBHA等)が多く含まれているチキンミール使用のドッグフードは避けるようにしましょう。[/prpsay]
ドッグフードの添加物について詳しくはこちら

新鮮なチキン(鶏肉)を使ったおすすめのドッグフード

ドッグフードの種類が多すぎて、探し方がわからないという方のために、鶏肉を使ったおすすめのプレミアムドッグフードを紹介します。

このこのごはん

このこのごはんドッグフード

このこのごはんは、タンパク質が高く消化にいいとされる鶏肉ささみ(九州産)や低脂肪でビタミンなどの栄養価が高い鹿肉(北海道産)、DHAが豊富なまぐろ、貧血予防にいい鶏レバー(九州産)がバランス良く使われています。

添加物を一切使用せず、ヒューマングレードといった人間基準で健康と食いつきをとことん考えられたドッグフードです。

また、粗悪な原材料の消化不良などが原因でおこる、ニオイや毛並み、涙やけといった症状をサポートしてくれる成分が含まれる青パパイヤや乳酸菌といった原材料も使われており、実際に与えているとの症状が改善されたとう声も多く上がっています。

鶏肉を使ったドッグフードで栄養バランスが良いものを探している方は、このこのごはんを選べば間違いありません。

\初回限定15%OFF/
このこのごはんをチェック

このこのごはんドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

このこのごはんこのこのごはんの口コミと評判!与えてみてわかったメリット・デメリット

レガリエ

レガリエドッグフード
レガリエは、犬本来の狩り生活を考えると一種類の肉を与え続けることは不自然でアレルギーにも繋がりやすく注意が必要ということから、鶏肉(国産)をはじめ牛肉(ニュージランド又はオーストラリア)、魚肉(金沢港旬の魚)、鶏レバー(国産)といった4種類もの生肉が使われているドッグフードです。

また、タンパク質量は28%と、海外に比べて運動量が比較的少ない室内で飼われている日本の愛犬のために計算された最適な量となっています。

さらに、日本の管理体制の厳しい工場で低温加熱製法によって栄養素とうまさ成分を残すよう製造されているので、添加物を一切使用していなくても食いつき抜群です。

\初回お試し160gで500円
送料無料!/
500円でレガリエを試す

レガリエドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

レガリエドッグフードレガリエドッグフードの評判と口コミ【今だけ500円】愛犬に与えてみてわかったメリット・デメリット

UMAKA

うまかのパッケージ

博多の老舗料亭で使用される九州産華味鳥の鶏肉を100%使用したドッグフードです。

九州産華味鳥(はなみどり)とは、海藻やハーブといった華味鳥専用飼料で太陽の光がたっぷりと降り注ぐ育成環境に徹底的にこだわった鶏舎で育てられた安心安全な鶏肉です。

鶏肉はみずみずしく、華やかなピンク色をしていることからこの名前が付きました。

ミールを使ったドッグフードのニオイと違い、UMAKAはかつお節の香りが広がり、愛犬の食欲をそそります。

\初回限定40%OFF/
UMAKAをチェック

UMAKAドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

美味華-UMAKAUMAKA(うまか)ドッグフードの評判と口コミや美味華のメリット・デメリット

モグワン

モグワンドッグフード
ペット先進国であるイギリス産のドッグフードです。

イギリス産の平飼いされた新鮮なチキンとヨーロッパ産の良質なサーモンといった動物性タンパク質を50%以上と豊富に使われています。


また、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアしたペット専門の工場で製造されているので安全性の高さも文句なしです。

2年の開発期間をかけて、添加物や植物性タンパク質といった犬に必要のないものは省き必要なものだけを入れたというこだわりのドッグフードです。

\今なら最大20%OFF/
モグワンについて
詳しくはこちら

モグワンドッグフードの口コミと評価は以下の記事で解説しています。

モグワンドッグフードモグワンドッグフードの悪評口コミと評判!実際に愛犬に与えてみた私なりの評価

ドッグフードはチキンミールではなく「鶏肉」と記載されているものを選ぶ

チキンミールには正確な定義がなく、良質なものと粗悪なものが乱立している状態にあります。

本当に良質かどうかを見抜くのは簡単ではなく、実際のところは製造しているメーカーの人でないと分からないというのが現実です。

そういう意味で、できればチキンミールと記載されているドッグフードは避けて、第一原料が「鶏肉」と書かれているドッグフードを選ぶようにしましょう。

良質なドッグフードを探す方法としては、どのような場所で育てられた鶏肉を使用しているのかはっきり明記している通販などでの購入がおすすめです。

ただ、良質なドッグフードは価格が高く、なかなか手を出せないという人もいるかもしれません。

そういう場合はチキンミールが使われているドッグフードを選んでもいいのですが、粗悪なチキンミールではないか、あくまでも栄養を付加するために使われているというのを見極めることが重要です。

このため、プレミアムドッグフードほど高額でなくても、それなりの値段になってしまいますが、愛犬のために安全な食べ物を選ぶというのはそういうことです。

1kgあたりの金額が500円以下というようなドッグフードもありますが、そのようなドッグフードに使われているチキンミールはかなりの確率で粗悪品です。

人工添加物も多く含まれていますので、愛犬の健康を思うなら手を出さないようにしてください。